Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

行定監督 沢尻の「別に」騒動振り返り「機嫌が悪かった」…努力の甲斐もなく

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 行定勲監督が4日、TOKYO MX「5時に夢中!」に出演。女優・沢尻エリカの「別に」騒動を振り返った。 【写真】2007年「別に」発言の沢尻エリカ 肩もあらわな衣装もスゴかった  沢尻は2007年9月に公開された行定監督作「クローズド・ノート」に主演。初日舞台あいさつで、司会の女性フリーアナウンサーの質問に対して「別に」と超不機嫌モード全開で返すなど、雰囲気をブチ壊した。  この騒動について聞かれた行定監督は「あの時は…機嫌が悪かった…。なんとかしようとしたんですけど、努力の甲斐もなく…」と苦笑いした。  舞台あいさつでは、沢尻が現場にクッキーを焼いてきたというエピソードが司会者から披露されたが、「(クッキーは)焼いてきましたよ」と認め、「だんだん(現場に)溶け込んでものすごくいい雰囲気を作ろうとしてたんだけど…もったいないですね、ああいうことになって」と話していた。

【関連記事】