Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ツール・ド・フランス2020 第13ステージ結果速報】ダニエル・マルティネスが長い上りで強さを見せ初区間優勝、総合勢ではベルナル失速、バルデやマルタンも順位を落とす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J SPORTS

獲得標高4400mの山岳ステージ、191.5kmの間に7つのカテゴリー山岳を詰め込んだ、総合争いの今後を決めかねない大事な日となる。アクチュアルスタートから大逃げを決めたい選手が次から次へとアタック、山岳賞ジャージ着用のブノワ・コヌフロワ(アージェードゥーゼール・ラモンディアール)、ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)、ダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション)ら5選手が逃げグループを形成。 第13ステージ:ハイライト動画

最初の1級峠でコヌフロワはついていけなくなり、追走から抜け出したマルク・ソレル(モビスター チーム)がジャンプアップに成功。次の3級の上りで追走していたパヴェル・シヴァコフ(イネオス グレナディアーズ)、レナード・ケムナ(ボーラ・ハンスグローエ)、ヒュー・カーシー、ダニエル・マルティネス(共にEFプロサイクリング)らが合流し17人のグループとなった。

残り距離87km地点、長い下りでメイン集団に落車が発生、総合4位ロマン・バルデ(アージェードゥーゼール・ラモンディアール)、総合5位ナイロ・キンタナ(チーム アルケア・サムシック)が巻き込まれ、総合13位につけていたバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)はリタイアとなった。中間スプリントポイントをアラフィリップが先頭で通過、チーム ユンボ・ヴィズマがコントロールするメイン集団とのタイム差は8分以上に広がっている。

3級峠で先頭グループからニールソン・ポーレス(EFプロサイクリング)が抜け出し独走を開始、マキシミリアン・シャフマン(ボーラ・ハンスグローエ)が追いつき2選手でゴールを目指す。ラスト18.5km地点でポーレスが遅れ始め、シャフマンは単独で追走グループから約1分のアドバンテージを持って先へと急ぐ。

追走グループから抜け出たケムナとダニエル・マルティネスが残り距離1.7km地点でシャフマンに追いつき、三つ巴のまま急勾配を上っていく。マルティネスが先頭を引く形でフラムルージュをくぐり、ラスト700mでケムナがマルティネスを剥がしにかかるも失敗、シャフマンはついていけなくなった。マイヨ・ジョーヌグループではタデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ)のアタックでエガン・ベルナル(イネオス グレナディアーズ)が遅れた。

【関連記事】