Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミートソース専門店『ミート屋』で俺たちは”大人の味”を理解できたか?|食楽中学生日記

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食楽web

中3男子といえばいつも腹ペコ。都内公立中学に通う「良太(リョウタ)と周(シュウ)」の2人は、“旨い、安い、大盛り”と聞けば、自転車を飛ばし、どこにでも行く。そんな中3コンビが、今回は阿佐ヶ谷の人気パスタ屋『ミート屋』へ。前々から行きたかったミートソース専門店の味を初めて食べた感想は?

ある日曜日の朝練後、憧れの『ミート屋』へ

 良太とボク(周)は、毎週日曜日、朝練後に昼食を食べに行くのを楽しみにしている。いつもはマックかサイゼ、吉牛。日曜ランチの1回の予算は600円だ。でも今日は、事前に良太の情報で、阿佐ヶ谷の『ミート屋』に行こうと約束していて、そこははるかに自分たちの“予算超え”だということはわかっていた。

良太:阿佐ヶ谷商店街にある『ミート屋』は、肉屋ではなくパスタ屋。メニューはたった1つ、ミートソースだけ。ものすごく人気店で、週末になると、いつも行列ができてるから、前からずっと行ってみたかったんだよ。 周:並んでまで食べたい人がいるのは、相当、美味しいんだろうね。でも、ミートソースは家でよく食べるけど、あまり外で食べたことがないなぁ。家の味とどう違うか知りたいね。行ってみよう。  ランチ時間を少しずらして13時半に店の前で待ち合わせをした。到着すると……。

周:この時間でもかなり並んでるね。10組はいるよ。 良太:看板に「満席の時は、店内で食券を購入してからお待ちください」って書いてある。 周:じゃあ、早く食券を買いに行こう。 良太:ちょっと待って。まだ何にするか決めてないから。 周:え? メニューはミートソースだけだよね。ナポリタンとかないんでしょ。 良太:違うよ。決めるのは“量”だよ。あっちの看板には「普通、大盛り、特盛り」って書いてあるよ。食券もその3つから最初に選んでおくみたいだよ。 周:なるほど。でもさ、俺ら「特盛り」に決まってるじゃん。

良太:特盛りは1200円だよ。昼飯予算の2倍だし。あと、思い出して。先週のからあげ食べ放題「あげもんや」で、俺ら食べ過ぎて、周は最後、声も出なかったじゃん。 周:あれは確かにやばかった。だけど、今日は麺だし、今、俺、腹減りすぎてるから絶対「特盛り」だよ。次は節約するから、今日はそれを食べようよ。  というわけで、ボクも良太も「特盛り」の食券を購入し、並んで待つこと約30分。入店したら、店内はカウンター席だけ。目の前に料理を作る人がいて、ボクたちの「特盛ミートソース」ができるまでの工程がよく見える。 良太:この店はミートソース専門店だけというだけではなくて、 “極太熟成生麺”っていうのが特徴らしいよ。 周:さっきから、気になってんだけど、作ってる人は、まずお皿に白いマヨネーズのようなものを入れてから、そこに茹で上がった麺を入れて和えてるね。あのマヨネーズみたいなの、なんだろう。 良太:バターかな……。  頭のいい良太もわからないようだった。そのとき、お店の人に、紙エプロンを渡された。 周:焼肉屋みたいだね。 良太:周は白いトレーナー着てるから、絶対、エプロンしたほうがいいよ。っていうか、ミートソースを食べるのわかってて、わざわざ“白”を着てくるなんて(笑) 周:良太はわざわざ “黒”を着てきたんだな。さすがだな。それはそうと、見てよ、「食べ方のちょっとしたコツ」というのが書いてあるよ。

【関連記事】