Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

八村同僚のビールが不満 オールNBA入りならず、米同情「最も冷遇された選手」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

ビールはツイッターで不満「馬鹿げている!」

 米プロバスケットボール(NBA)は16日(日本時間17日)、2019-20レギュラーシーズンのオールNBAチームを発表。ファーストチームにレイカーズのレブロン・ジェームズらが選出される中、ウィザーズで好成績をマークしていたブラッドリー・ビールは同チーム入りを逃した。ビールはツイッターで不満を表すツイートをしたほか、複数の米メディアから「ビールは最も冷遇された選手」などと同情的な声があがっている。 【画像】「体格に遜色ない!!」「ダルが普通に見える」と反響、203センチの八村と並んでも見劣りせず…ダルビッシュとの実際の2ショット  ビールは今季、キャリアハイの平均30.5得点、6.1アシストをマーク。右肩の故障で新型コロナ禍明けのリーグ再開後は欠場したが、八村塁らとともにチームを牽引した。しかし、100人のスポーツ記者と放送関係者による投票では計32ポイントに終わり、オールNBAチーム入りを逃した。  これにビールは納得がいかないようだ。自身のツイッターで過去に投稿した、キングスなどで活躍したデマーカス・カズンズが「馬鹿げている!」と話しているGIF動画を再投稿。米スポーツ専門局「ESPN」のNBA専門アカウントは「ビールは、少なくとも1試合平均30得点、6アシストを記録しながら、オールNBAに選ばれなかったNBA史上初の選手に」とツイートしたほか、複数の米メディアが同情的な意見を寄せている。  米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のウィザーズ番フレッド・カッツ記者は「ビールがオールNBAに選ばれなかったガードの中で最多得票選手に。セカンドチームに3票、サードチームに23票だった。ビールは昨季もオールNBAに選出されなかった選手の中で最多得票選手だった。慣れ親しんだ領域だ」と再びの悲劇であったことを紹介している。

制度に疑問の声も「なんなんだこれは?」

 米メディア「ザ・リンガー」のケビン・オコナー記者は「ビールは最も冷遇された選手だろう」と断言。平均得点とアシストに加え、トゥルー・シューティング・パーセンテージが57.9%だったことに注目し「この数字を超えたことがあるのは、オスカー・ロバートソン、マイケル・ジョーダン、ジェームズ・ハーデンしかいない。卓越したオフェンスを披露したシーズンが歴史に埋もれることになるだろう」と言及している。  また、米放送局「NBCスポーツ・ワシントン」は「ビールは明らかにウィザースの成績に左右された。彼らは25勝47敗でプレーオフ進出を逃した。もしもこれが原因ではないというのであれば、1試合平均30.5得点は選出されるに足るはずだと考えなければならない」と指摘した。  一方、フレッド・カッツ記者はポジションの関係でオールNBA入りできなかったバックスのFWクリス・ミドルトンにも注目。「(61ポイントのシモンズと56ポイントのウェストブルックと比較して)82ポイントを獲得したクリス・ミドルトンがオールNBAに選ばれないなんて、一体全体どういうことだ? なんなんだこれは? 大統領選か?」と嘆いていた。

THE ANSWER編集部

【関連記事】