Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

華原朋美が繰り返す挫折と復活、ママになっても止まぬ奇行に感じる「孤立危機」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

「こんばんわぁ~。華原朋美デスッ!!」  ハイテンションではあるけれど、トロンとした目つき。時折、舌がもつれる。 【写真】アーティスト全盛のころの華原朋美、オーラが凄まじすぎる 「華原さんは9月15日にYouTubeチャンネルを開設。自撮り動画を連日投稿してますが、様子が変なので心配する声があがっています。いくつかの動画はすでに削除されています」(スポーツ紙記者)  8月末で所属事務所との契約を解除していたという華原。友人である高嶋ちさ子とのトラブルが報じられたのは、その直後だった。 「ベビーシッターが子どもを虐待したと、華原さんが訴えたんです。室内に設置したカメラに、逆さ吊りにされる子どもが映っていた。そのシッターを紹介したのが、高嶋さんでした。激怒した華原さんは警察に訴えたんですが、相手にされず『フライデー』に情報提供したと言われています」(同・スポーツ紙記者)

母とも距離ができて……

 華原は昨年8月に長男を出産。シングルマザーとして仕事と子育てを両立させてきたはずだった。 「高嶋さんはこれを虐待と取るのはおかしい、と反論。すると、華原さんは9月23日にYouTubeで涙ながらに“私の勘違いでした”と、高嶋さんに謝罪。さらに、8月まで所属していた事務所の社長にまで謝っていました」(同・スポーツ紙記者)  社長にはいったい何を謝っていたのか? 前所属事務所に問い合わせてみると、 「すでに契約は解除していますので、こちらからコメントできることはありません」  との回答だった。 「事務所との契約解除が円満だったとは思えません。華原さんはSNSを使って自由に発信したいという思いが強かったようですが、事務所としては“それはダメ”と止めていたんです。その判断が正しかったことは、YouTubeを見たらわかる気がします」(前出・スポーツ紙記者)  事務所との信頼関係はなくなり、友人も見当たらない。 「華原さんは昨年5月に妊娠を突然発表したのですが、お相手については“外資系企業勤務の一般男性”というだけ。入籍の予定についても語られませんでした。お母さんが都内のマンションに来て面倒を見ていたようですけど、最近では距離ができたとの話もあります。高嶋さんとも離れ、どんどん孤立してしまうのでは……」(芸能プロ関係者)  華原の3人いる兄弟の1人はツイッターに《細い糸にすがるような人生。いちど切れてしまえば、どこまで落ちていくのかわからない》《どんな困難な状況に陥っても家族や仲間たちに助けられてここまでやってきた》と投稿。気にかけているようだが……。

【関連記事】