Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

累計1000万枚も、チャートはランク外?「ジャズとヒット・チャート」【ジャズを聴く技術 ~ジャズ「プロ・リスナー」への道】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

前回では、「ジャズの大ヒット」として知られるリー・モーガンの『ザ・サイドワインダー』が、『ビルボード』のシングル盤チャートで最高81位だったことを紹介しました。その前年にはルイ・アームストロングが同チャートで1位、スタン・ゲッツが5位ということも紹介しました。それらも「ジャズの大ヒット」として知られますが、では、ほかにどれくらい「ジャズのヒット」があるのか?と調べてみたら、ジャズの常識をくつがえす(かもしれない)事実をいろいろと発見してしまいました(当人比、ですが)。今回から数回にわたって、きっと意外に思われる「ジャズとヒット・チャート」をめぐる事実を紹介していきます。

なお、アメリカの歴史あるチャート誌はいくつかありますが、ここでは『ビルボード』誌のチャートについて見ていきます。その主要チャートは2種類あって、シングル盤の「HOT 100」とアルバムの「Billboard 200」です。「HOT 100」は1958年8月4日号より始まるもので、現在も続いています。アルバム・チャートは1956年に始まりますが、当初はモノラルとステレオに分かれ、順位も150位までだったり、また名称も時期により変わってきていますが、特記していないものは、現在それらがまとめられて同誌サイトで公開されている「Billboard 200」のデータを参照しています。また、そのほかのデータの出典は『ビルボード』誌によるものです(次回以降も同様)。 さて、まず見てみたのはマイルス・デイヴィスについてです。マイルスのヒットといえば、『カインド・オブ・ブルー』(コロンビア)の累計1000万枚以上のセールスがよく知られています。さすがは「ジャズの帝王」、文句なしのロングセラー・大ヒットですよね。しかしここでは累計は見ません。その時代の音楽としての評価、その時代にどれだけ受け入れられたかという指標として、初発表時のチャート順位を見ていきます。

【関連記事】