Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10代のカリスマモデル・莉子、映画初出演で掴んだ女優への意欲「お芝居をやりたい気持ちが強くなった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 相沢沙呼の同名小説を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化『小説の神様 君としか描けない物語』、そこで映画初出演を飾ったのがモデル・莉子だ。まだ17歳の現役高校生でありながら、若い女性に絶大な支持を得るファッション誌「Popteen」の専属モデルを務め、twitter&インスタグラムの総フォロワー数100万人超えを誇るインフルエンサーでもある。 今10代の女性の間で最も影響力がある彼女が本格的な女優業として挑戦したのが本作だ。佐藤大樹演じる千谷一也の妹で、心臓に持病があり入院している雛子役を演じた莉子は、役作りとして雛子のプロフィールを自分で作る作業から始まった。役柄へのアプロ―チを丁寧に紡いだことで表現の楽しさを覚え、女優業への意欲が出てきたと目を輝かせる莉子、そんな彼女に話を聞いた。

役を作り上げる作業から始まった初めての映画出演

――長編映画の出演が初めてとのことですが、出演されての感想は? 莉子: 今までにないくらい緊張しました。オーディションを受けたのですが、出演が決まった時も「自分が映画に?!」みたいな感じで、信じられなかったです。「自分でいいのかな」という不安な気持ちがありながらも、同時に「やってみたい」という思いも強くありました。自分にとって良いきっかけになると思ったんです。 しかも共演させていただいた方がみなさんすごい方で、本当に緊張しました。いつも私がテレビで見させていただいた方が目の前にいて、本当に優しくしていただいて、そういう恵まれた環境もあり、自分のなかで演技をやる楽しさがどんどん生まれた気がします。 ――そんな緊張していたとは思えないほど、すごく自然体で演技をされていたのが印象でした。 莉子: 嬉しいです。ありがとうございます!作品を自分で観るのがすごく恥ずかしくて、自分が出ているシーンは目を覆いながら見ました(笑)。でも実際に完成した作品を観ると、これがみなさんのもとへいくんだなと感動して、家族にすぐLINEしました(笑)。公開されたら一緒に観に行こうと思っています。 ――監督とは実際にどのような話をされましたか? 莉子: 監督から、現場に入る前に「とにかく雛子ちゃんになりきること。自分の雛子ちゃんを作り上げるためにプロフィールを全部書いた方がいいよ」と言われて、全部自分で書いてみたんです。台本に書いてあることをもとに、「この子は入院する前はどういう子だったのかな」と。そして「入院した後はどういうことをしたいのか」など自分なりに想像して、自分のなかの雛子ちゃんを作る作業から入りました。そのおかげで現場に入って本番を撮り終えたあとは、「自分の雛子ちゃん」をちゃんと作れたような実感があって、周りの人たちとの距離感もわかったので、すごく良いアドバイスを頂いたと思っています。 ――佐藤大樹さんとの共演はいかがでしたか? 莉子: ものすごく楽しかったです。小道具で、雛子ちゃんへのメッセージが書き込まれた色紙があったんですが、大樹さんが「このなかに本当に俺が書いたのがあるけど、どれだかわかる?」って言われて(笑)。本当に大樹さんが書いてくださったのがあったり、あと、ぬいぐるみをぶつけるシーンでは、「ちゃんと投げてくれていいから」と大樹さん自ら仰ってくださって、すごくありがたかったです。とにかく大樹さんがすごくコミュニケーションを意識してくださり、現場の雰囲気も作ってくれました。

【関連記事】