Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドローが決定、錦織は初戦で第32シードのエバンズと対戦 [全仏テニス]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テニスマガジンONLINE

 今年最後のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦9月27日~10月11日/クレーコート)のドロー抽選が行われ、男女シングルスの組み合わせが発表された。 グランドスラム2020日本人選手|PHOTOアルバム  世界ランク35位(9月21日付)の錦織圭(日清食品)はノーシードとなり、初戦で第32シードのダニエル・エバンズ(イギリス)と対戦することになった。  両者の過去の対戦成績は、2勝1敗で錦織がリード。グランドスラムでは2013年USオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の1回戦で対戦しており、エバンズが6-4 6-4 6-2で勝っている。  ロラン・ギャロスに8年連続10回目の出場となる30歳の錦織は、3度のベスト8(2015年、17年、19年)がこれまでの最高成績。昨年は準々決勝で、ラファエル・ナダル(スペイン)に1-6 1-6 3-6で敗れていた。  そのほかの男子日本勢は3人がダイレクトインしており、初戦の対戦相手は西岡良仁(ミキハウス)が第19シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、杉田祐一(三菱電機)が第28シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)、内山靖崇(積水化学工業)はアッティラ・バラージュ(ハンガリー)に決まった。  男子の第1シードは前哨戦のローマ(ATP1000/クレーコート)を制したノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードが大会3連覇中で13回目のタイトル獲得を目指すナダル、第3シードがここ2年連続決勝で涙を飲んだドミニク・ティーム(オーストリア)、第4シードはロラン・ギャロスで未勝利のダニール・メドベージェフ(ロシア)となっている。  ジョコビッチは優勝すると、「ダブルグランドスラム」(4大大会2回以上制覇)の偉業を達成することになる。 ※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位 ■男子シングルス|シード選手と日本人選手1回戦組み合わせ 1ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 8ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)[29] ------ 9クリスチャン・ガリン(チリ)[20] 16カレン・ハチャノフ(ロシア)[15] ------ 17ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)[10] 19内山靖崇(日本/積水化学工業)vs 20アッティラ・バラージュ(ハンガリー) 24パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[17] ------ 25ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)[30] 32マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)[7] ---------- 33ダニール・メドベージェフ(ロシア)[4] 40ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)[31] ------ 41ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)[22] 48アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[13] ------ 49デニス・シャポバロフ(カナダ)[9] 56グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[18] ------ 57フィリップ・クライノビッチ(セルビア)[26] 64ステファノス・チチパス(ギリシャ)[5] ---------- 65ガエル・モンフィス(フランス)[8] 72テイラー・フリッツ(アメリカ)[27] ------ 73ボルナ・チョリッチ(クロアチア)[24] 80ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[12] ------ 81スタン・ワウリンカ(スイス)[16] 88フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)[19] vs 87西岡良仁(日本/ミキハウス) ------ 89キャスパー・ルード(ノルウェー)[28] vs 90杉田祐一(日本/三菱電機) 96ドミニク・ティーム(オーストリア)[3] ---------- 97アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[6] 104アレックス・デミノー(オーストラリア)[25] ------ 105ブノワ・ペール(フランス)[23] 112ダビド・ゴファン(ベルギー)[11] ------ 113ファビオ・フォニーニ(イタリア)[14] 120ジョン・イズナー(アメリカ)[21] ------ 121ダニエル・エバンズ(イギリス)[32] vs 122錦織圭(日本/日清食品) 128ラファエル・ナダル(スペイン)[2]

【関連記事】