Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長瀬智也がジャニーズ退所、反応様々「驚き」「つらい」「頑張れ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 TOKIOの長瀬智也が22日、来年3月末をもってグループを脱退し、所属するジャニーズ事務所を退所することが発表された。ネット上では驚きや悲しみ、次へのエールなど様々な反応が起きている。  この日、同事務所の公式サイトでは、「弊社所属アーティスト『TOKIO』に関するご報告」と題したリリースを発表。TOKIOの城島茂、国分太一、松岡昌宏の3人は、来年4月1日から株式会社TOKIOを設立し、ジャニーズ事務所のグループ関連会社として運営し、長瀬はジャニーズ事務所を退所して新たな道に進むことなどを報告。  文面では「長瀬智也につきましては、少年時代にジャニーから教えられた″人の個性を大切にする″という考え方のもと、長年にわたって培ってきた表現者としてのクリエイティビティーを活かし、他事務所に属することなく、裏方としてゼロから新しい仕事の形を創り上げていくことになりました」などと伝えた。  この突然の報告にネット上は大きな反響を見せ、「TOKIO」や「長瀬くん」などのワードがトレンド上位に顔を出した。  ツイッターなどには「長瀬くん辞めるの!? えーびっくり」「いや、もう頭の中真っ白です。嘘だろ‥の繰り返し」などと驚く声が続々と挙がった。  さらに、「長瀬くん...嫌だ...」「長瀬くんが退所は悲しい」「長瀬さんのことがショックすぎてつらい」などと悲しみのコメントも多い。  また、こうした寂寥の感情を吐露するファンの一方で、「次の夢に頑張ってほしい」「これからもずっと応援してる」とエールを送るファンの姿も見られており、受け止め方は様々になっているようだ。  なお、株式会社TOKIOは城島が社長となり、国分と松岡が副社長に就任することも報告。「ジャニーが命名したTOKIOという看板を今後も背負った形で、グループと個人の仕事を今まで以上に自由度高く、新しい仕事に積極的に挑んでいきます」と伝えている。

【関連記事】