Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

組幹部銃撃、新たに大同会幹部逮捕 岡山中央署、殺人未遂など容疑

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
山陽新聞デジタル

 特定抗争指定暴力団神戸山口組系池田組(岡山市北区田町)の本部事務所付近で5月、組幹部が銃撃された事件で、岡山中央署は30日までに、殺人未遂と銃刀法違反(発射)容疑で、特定抗争指定暴力団山口組系大同会(鳥取県米子市)幹部の中條正基容疑者(50)=笠岡市生まれ、住所不定=を逮捕した。 【写真】特定抗争指定暴力団を示す標章を張る岡山県警の捜査員  逮捕容疑は、大同会幹部の岸本晃生被告(52)=殺人未遂罪などで起訴=ら2人と共謀し、5月30日午後2時35分ごろ、池田組事務所の駐車場で男性幹部(58)=愛媛県四国中央市=と男性組員(42)=岡山市=に向けて回転式拳銃で弾丸を複数発射し、うち1発を幹部の腹部に命中させ、重傷を負わせた疑い。岡山県警は中條容疑者の認否を明らかにしていない。  県警は、山口組と神戸山口組の対立抗争とみて捜査し、岸本被告を銃撃の実行犯と断定。事件の関係先の防犯カメラ映像の分析などで、中條容疑者の関与が浮上。沖縄県に逃亡していたとみられ、29日午後、那覇空港(那覇市)で身柄を確保した。鹿児島行きの飛行機に乗ろうとしていたという。

【関連記事】