Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

超絶ヤバカワ!! 新型ホンダe 8月発表前に先行サイト公開 売れるのか…いざ勝負!! 

配信

ベストカーWeb

■「8月発表」と明言し公式サイトが先行オープン

    ホンダは2020年7月31日、「2020年8月に発表を予定している「Honda e(ホンダ イー)」に関する情報を、本日、ホームページで先行公開しました。」と発表した。    「ホンダe」は、2017年のフランクフルトショーで「アーバンEVコンセプト」として公開され、当時から「2019年に市販」と公表されていた。初代シビックや初代シティを彷彿とさせるキュートなスタイリングや後輪駆動によるホンダらしいキビキビした走行性能を持つ。   さらに2画面の大型タッチパネルモニター「ワイドスクリーン Honda コネクトディスプレー」や、ドアミラーに代わる「サイドカメラミラー」、AIによる音声認識と情報提供を行う「Honda パーソナル アシスタント」など、先進装備が搭載される。   欧州市場では2019年に発表されており、ボディサイズは全長3895mm、全幅1752mm、全高1512mm、ホイールベースは2530mm(欧州仕様値)。参考までに、トヨタヤリスは全長3940mm、全幅1695mm、全高1500mm、ホイールベース2550mm。リチウムイオン電池の容量は35.5kWhで、航続距離は17インチタイヤを装備するアドバンスが210、ベーシック仕様が222kmとなる(WLTP値)。   ホンダが初めて量産販売するEVだけに、かなり気合の入った内容だが、果たして売れるのか。各販売店は「急速充電はどうするのか」、「ライバル(たとえば日産リーフ)への優位点はどのあたりか」など、やや混乱気味ではあるものの、それも8月の発表時、その後の発売日までには周知徹底されるだろう。   楽しみであり、不安もある新型EV。まずは早く実物を見たい。欧州での販売価格は約435万円。さて日本ではいかほどか。詳細をあと1カ月ほど待ちたい。

【関連記事】