Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ太りが気になる人も必見! パスタの置き換えテクニック 5選

配信

ELLE ONLINE

種類やレシピも多く、定期的に食べたくなるのが麺料理。とはいえ濃厚なパスタを食べると罪悪感を感じるから、パスタの替わりになる食材を探している人は多いはず。そこで、パスタの替わりにおすすめな8つの野菜や穀物をご紹介。

ロカボなパスタが食べたい、最近グルテン不耐性になった、単純に食生活にバラエティが欲しい、など理由はさまざまだとしても、パスタの替わりにぴったりなのが野菜。しかも、抗酸化物質、ビタミン類、そのほかの良質な成分にくわえ、食物繊維がたっぷり詰まっている。   でも、ベジタブルスライサーを使う前に、まずは野菜の味や構造をしっかり把握したい。たとえば、なすやビーツなどの身が詰まった野菜は、重いソースや長時間の調理にも耐えられる。逆に水気の多いデリケートな野菜(ズッキーニなど)は軽めの調理の際に使用するとよさそう。    また、そのほかの穀物やシード類をパスタの替わりにするのも良いアイデア。ファロやキヌアなどはグルテンフリーなうえ普段のパスタよりも食物繊維が多く、ローテーションに入れる価値がありそうだ。

ズッキーニときゅうり

ベジタブルスライサーでヌードル状にカットしたら、少し柔らかくなるまで1~2分間調理し、水を切る。ごまやチリ、レモン、バター、ハーブを絡めたり、パスタ風サラダとして食べてみて。   もしくは、細長い板状にスライスしたあと、塩を振って10分ほど置き、キッチンペーパーなどで軽くたたくようにして水気を取る。そしてソテーしたきのこ類やチーズ、焼いた鶏肉にぐるっと巻いたりしてもOK。 (もし固すぎてうまく巻けない場合は電子レンジに入れて20~30秒くらい温めてみて。)

かぼちゃとさつまいも

バターナッツスクワッシュやさつまいもなどのでんぷん質の野菜も、パスタの優れた代替品(完全に代用したくない時は半分を野菜にしてみてもOK)。ニュートラルな風味なので、さまざまな味のソースの良い引き立て役になってくれる。   粗く切ったら、豆くらいの大きさになるまでフードプロセッサーでさらに細かくカット。それをチーズソースで煮込むか、にんにくとほうれん草のソテーに加えてもおいしい。

【関連記事】