Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

就活スーツのジャケットを正しく着こなすためのフィッティング、5つのポイント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MEN’S NON-NO WEB

フィッティングを把握して、きちんと自分の体型に合ったサイズを選ぶだけでスーツの見栄えは格段に向上する。就活スーチングで重要なのはブランドではなく、サイズであることを肝に銘じてほしい! まず、ジャケットのフィッティングから見ていこう。

胸のゆとりはこぶしひとつ分

ジャケットを着用するときはボタンを留めるのが基本。試着時もその状態でチェックしないと実際のサイズ感はわからない。胸周りに適度なゆとりがあると見ばえがよくなり、動きやすさも確保できる。

ラペル幅は8~9cmがベター

スーツの顔ともいえるラペルは、身頃の折り返し部分のこと。スーツのトレンドによってラペルの幅が変わるけど、幅が太いとクラシカル、細いとモダンな印象に。いまオーソドックスな幅は8cmから9cm。

ヒップが隠れるくらいの着丈

トレンドに少しは左右されるけど、ジャケットの着丈にも基準がある。ヒップ下のラインを目安にすればOKで、正面から見た際にもバランス良く見える。ヒップは見えすぎても隠れすぎてもかっこ悪い。

肩山と自分の肩のトップ位置を合わせる

ジャケットの肩山と、自分の肩のトップ位置を合わせるときれいに見える。肩幅が合っていないジャケットを着ると動きづらく、へんな着ジワが出てしまうので注意。着心地の良さは、肩で決まる!

背中にシワができないこと

体に合ったジャケットのバックスタイルは美しくなる。もし横方向にシワがついていたらジャケットのサイズが小さい証。縦方向のシワなら大きいことになる。購入する際には鏡で後ろ姿も確認してみて。

スーツ¥38000(オーダー価格)・シャツ¥6500(オーダー価格)・タイ¥3500・ベルト¥9000(すべてテーラーフィールズ)/Y&Mプレスルーム[TEL:03-3401-5788] Photos:Teppei Hoshida Hair & Make-up:TAKAI Stylist:Yoshiki Araki[The VOICE] Model:Yudai Toyoda[MEN’S NON-NO model] Composition & Text:Masato Nachi

【関連記事】