Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

王、長嶋、野村が認めた名ノッカー・森脇浩司氏 後世に伝えたい“ノックの神髄”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

王氏、長嶋氏、野村氏が認めた球界随一の名ノッカー・森脇浩司氏

 ホークス時代は王貞治氏(ソフトバンク球団会長)の右腕として、そして長嶋茂雄氏、野村克也氏ら球界の重鎮たちが認めたノッカーがいる。ダイエー、ソフトバンク、巨人、中日でコーチ、そしてオリックスでは監督を務めた森脇浩司氏だ。現在は福岡工業大学硬式野球部の特別コーチを務める“名人”にノックの神髄、少年野球で指導する“お父さんコーチ”に向けてアドバイスを送った。 【動画】王、長嶋、野村が認めた名ノッカー森脇氏が明かすノックの神髄 自らバットを持ち熱く語る実際の動画 「ノックと三塁ベースコーチで飯が食える」「あのコーチは誰だい? あの名人芸のノックは…」「ノックだけで飯が食える」  この言葉は王氏、長嶋氏、野村氏が森脇氏に向けた言葉だ、三塁ベース、スプレー缶、外野フェンスの広告などピンポイントでノックの打球を当てる“神業”だけでなく、卓越したノック技術と理論でこれまで数多くの名選手を育て上げた。今回は球界随一のノッカーが後世に伝えたいノックの神髄を語ってくれた。  森脇氏は、質の高い打球、打ち分ける技術も大事だがノックの基本中の基本としては「物理的なこともあるが、思いを込めて打つことが一番大事」と力説する。グラウンドの中では「最大のコミュニケーションツール」として考えておりノッカーと選手の意思疎通は必要不可欠だと語る。 「本当の自分の思いは伝わりづらいが、不思議なもので思いが欠けてるとその思いは伝わる。気持ちを込めて丁寧に打つ。こっちが打つ打球が“丁寧”であるかが、意味があると思います」  技術的な部分については打つ瞬間はインパクトではなく選手の動きをみることが重要だという。 「相手がどのような体勢でどう動くか、これをノッカーが見れるか。相手の選手の動きを自分の目で捕まえておくこと。動きだし、体が浮いてないか、良い動きをしてるかなど、選手の動きをキャッチしておくことが大事ですね」

打つ際に最も大切にしているのは“間”「足を使って、モーションを作る。こういったルーティンが必要」

 現在は当時(プロ)ほど、ノックの数を打つことは少なくなったが技術も健在だった。室内練習場で実際に行ったノックでは野手が一歩も動かない、狙いすませたバットコントロールを見せつけた。弾丸ライナー、ワンバウンド、ツーバウンドと打球にも変化を付け、様々な場面を想定したノックを披露。  技術的な部分については“間”が大事にしており「まずはトスが安定すること。比較的、打ちミスを防ぐためには、ゆったりトスを上げること。足を使って、モーションを作っていく。こういったルーティンが必要」と、打つまでの過程を説明。  右足のステップや、ノッカーの構えも二遊間と一塁、三塁手に打つ時に違いが出るなど、知っているようで知らないノックの基本動作を惜しみなく明かしている。  そんな中、森脇氏がノックを打つうえで一番やってはいけないことは「怒りの感情をノックにぶつける」ことだと語る。思うような動きなどが出ない場合には現場で“罵声”が飛ぶこともあるが「人間は生き物なので“ついつい”はあるが、それだけはやっちゃいけない」と指摘する。 「怒りの感情をぶつけ、そのままノックに表すことは絶対にやってはいけない。コミュニケーションツールだと思うので、しっかり問題を共有していくと怒りの感情は出てこない。それでも無理なときは一度、時間を取って対話すればいい」  その他にも以外にも「簡単」だというキャッチャーフライの打ち方、ノッカーがボールを受け取る位置の重要性など、これからノッカーデビューを果たす“お父さんコーチ”たちに向けても身振り手振りでアドバイスを送る。「ノッカーファーストではなく、選手ファーストのノックを打っていけばいい。どこでもそうですが、信頼関係を築くことができれば、技術、メンタルも向上していくと思います」。森脇氏が得た経験、技術は今後の野球界を支えていく新たな世代にも継承させていく。

橋本健吾 / Kengo Hashimoto

【関連記事】