Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『鬼滅の刃』実写化したら?佐藤健に支持集まる キャスティング希望結果が公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 アンケートサイト「ボイスノート」は、「『鬼滅の刃』が実写化したら」というテーマのもとアンケートを実施し、その結果を姉妹サイト「ボイスノートマガジン」にて公開。メインキャラクター・竈門炭治郎など、「あなたなら誰をキャスティングするか」の回答結果が公開されている。 【画像】アンケート結果はこちら!炭治郎を演じてほしい第2位は…  主人公・竈門炭治郎役は佐藤健(1844人中121人の支持)、竈門禰豆子役は橋本環奈(1860人中230人の支持)、我妻善逸役はHey!Say!JUMPの伊野尾慧(897人中79人の支持)、嘴平伊之助役は菅田将暉(878人中49人の支持)、冨岡義勇役は佐藤健(918人中114人が支持)が1位に選ばれた。  理由は「爽やかな所が炭治郎にあっているから」(炭治郎)、「幼さもあり、キリッと表情の力強さもあって良いと思いました」(禰豆子)、「童顔な顔とおどおどしてる演技が想像できるから」(善逸)、「個性的な役もこなす演技力があるから」(伊之助)、「無口な剣士役が似合いそう」(義勇)など、さまざまな意見が寄せられた。  『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。  昨年4月から9月にかけてテレビアニメが放送されると大きな話題となり社会現象化。コミックスは累計1億部を突破する人気作品で、16日より劇場版の公開が控えている。

【関連記事】