Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【最愛ロングワンピース】大人に似合うアースカラーのしゃれ感ワンピ3選!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

気分を上げたい夏の休日は“ご近所気分”のサマードレスに決定! 遠出が難しい今の時期、ちょっとした外出でも楽しくオシャレした感が味わえる。ワンピ選びで大事なのは自分に似合う色を選ぶこと。スタイリスト加藤かすみさんが楽しむ「アースカラー」ワンピースの着こなしをご紹介。 【画像】オンラインで買える! プロが選んだ<最愛ロングワンピース>25選 ●スタイリスト 加藤かすみさん あまたの表紙や特集を手がける人気スタイリスト。センスと理論を備えた着こなし術にはファンも多く、「かすみさんのコーデは売れる!」は定説。

スタイリスト加藤かすみさんのこの夏着たい<サマードレス3着>

★「どんなシーンにもなじむアースカラーは、最も出番の多い色」(加藤さん) 「トレンドでもあるアースカラーは、もともと大好きな色。デザインはどちらかというとシンプルなほうが今っぽいですが、裾がフレアだったり、ツヤがあったり、ニュアンスが出るものを選んだほうが、華やかに見えて大人向きです。リネンではなく透けるジャケット、かごではなくレザーのバッグなど着慣れた色だからこそ、今年らしいひと手間を盛り込んで」

【N.O.R.C】サテン素材や光る靴。シンプル&シックな一枚も少しの“ツヤ”で華やかに

「地味色をちょっと華やかに見せたいときに効果的な“ツヤ”。ワンピそのものもサテン素材ですし、足もとにもゴールドをきかせているので、ダークブラウンでも寂しく見えません」(加藤さん)。肩先にかかるキャップスリーブは二の腕のほっそり見えにもひと役。少し高さのあるバンドカラーも顔まわりがスッキリ見えるなど、さりげなくスタイルアップ要素も満載。 ワンピース¥13000/ノーク 靴¥86000/シジェーム ギンザ(プロエンザスクーラー)

【l'heritage martinique】ベージュになじんで単調さも払拭してくれるパイソン靴が名脇役!

色の幅が広く、選ぶのが難しいという声も多いベージュ。「赤みよりは黄みや茶色みが強いほうが、日本女性の肌に合うと思います。無地感が気になるようであれば、カーデを巻いたり、パイソン靴でひと盛り。ただしここでもあくまで色は少なく、トーンをそろえて」(加藤さん) ワンピース¥48000/レリタージュマルティニーク カーディガン¥18000/カリテ スケープ コレド日本橋店(カリテ) 靴¥6990/プラステ バッグ/スタイリスト私物

【N.O.R.C】こっくりと、ほんのり甘いキャラメル色のAライン。透けジャケットで鮮度よく

ストレッチの入ったリネン混素材は、着心地がよくシワにもなりにくいので、お仕事にもうってつけ。「定番のカーデもいいですが、ジャケットをさらっと肩かけして差を。はやりの透け素材ならこなれ感も倍増します」(加藤さん) ワンピース¥13000/ノーク ジャケット¥19800/メゾンスペシャル 青山店(メゾンスペシャル) バッグ¥198000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥22000/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) 撮影/魚地武大<TENT> スタイリスト/加藤かすみ 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵<BAILA> ※BAILA2020年8月号掲載

【関連記事】