Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【アフター・コロナ】金融業界はどう変わるのか、どう変わるべきか──元ファンドマネジャー・大島和隆

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CoinDesk Japan

元祖カリスマファンドマネジャーとして知られ、楽天投信投資顧問代表取締役社長、バークレイズ・ウェルス ISSヘッドなどを経て独立した大島和隆氏。現在は、主宰している情報提供サイト「ファンドガレージ」で、市場の分析や注目のビジネス・トレンドなどを発表しており、足元のコロナ相場についても積極的に考察を披露している。ファンドマネジャーとして、金融機関のトップ、会社経営者として、運用から販売まで、機関投資家のみならず、個人投資家とも向き合ってきた大島氏が考える、これからの金融業界のあり方とは。 プロフィール | 1961年生まれ。85年太陽神戸銀行(現・三井住友銀行)入行、三井住友アセットマネジメントでさくら日本株オープン(三井住友・日本株オープン)などの運用を担当、ファンドオブザイヤー獲得。楽天証券経済研究所チーフストラテジスト、楽天投信投資顧問社長兼チーフ・インベストメント・オフィサー、バークレイズ・ウェルス ISS(インベストメント・ソリューション・スペシャリスト)ヘッドなどを歴任。現在は独立し、経験を伝えるための情報提供サイト「ファンドガレージ」主宰。著書に『97%の投資信託がダメなこれだけの理由』(ビジネス社)などがある。

2月中旬までは好調だった株式市場が一変、恐怖指数はリーマン時以上に

2月中旬までは新型コロナウイルスの話などまったく眼中にないかのように値を飛ばしてきた株式市場であったが、感染拡大が欧米にまで及ぶと状況は一変した。 最初は欧州が災禍に見舞われた。取り分けイタリアでの感染拡大が目を見張るものがあった。だが、株式市場が震撼としたのは、それが米国に上陸してからだ。 嫌な予感がしたのは、米国サンフランシスコ沖に停泊したクルーズ船に関する一報を聞いた頃だった。感染した乗客がそれと知らずにサンフランシスコ・ベイ・エリアに散らばってしまったというのである。 それから数日後、多くのシリコンバレーの企業がリモートワークを推奨し始めたことが聞こえてきた。その頃には株価の下げは加速。その勢いがニューヨークに飛び火するのに時間はかからなかった。ニューヨーク証券取引所のフロアからは、ついには人の姿が消えた。悪い話は重なるもので、OPECと非OPECの間で減産合意ができず、原油価格が20ドル台まで暴落したことも悪材料を加速させた。 こんな話の中で株価が持ち堪えられるわけがない。VIX指数(恐怖指数)は一時リーマン・ショックの時以上の水準にまで跳ね上がり、株価は奈落の底に落ちるかと思われた。事実、日経平均株価は3月19日に安値1万6,358.19円にまで沈み、NYダウも3月23日の取引時間中に1万8,200ドル台まで墜落した。 その後はボラティリティが極めて高い状態が続きながらも、世界中の政策当局や中央銀行が矢継ぎ早に繰り出す経済対策などを受けて、緩やかながら戻り歩調に入ったかにも見える。

【関連記事】