Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【阪神】飯塚球審が奇声を上げるファンを注意「大きい声は駄目だよ!」

配信

スポーツ報知

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神6―3ヤクルト(14日・甲子園)  阪神の3点リードで迎えた8回に審判がファンを注意する珍しい一幕があった。 【写真】飯塚球審  阪神の岩崎が先頭の代打・広岡を迎えたところで、三塁側の観客席から繰り返し奇声が上がった。1ボールから岩崎がタイムを取ると、飯塚球審が発信元と思われる観客席を向き「大きい声は駄目だよ!」と促した。  新型コロナウイルスの飛沫(ひまつ)感染のリスクから声を張り上げての応援は禁止されている。だが、3回の青木の打席でも「はよ構えろや!」とバックネット裏からヤジが飛ぶなど、マナー破りの観客も存在する。  一方、12日のDeNA戦(甲子園)では白井球審がストライクの判定時に「アアアアイイイッッッ!!!」とおなじみの甲高い声でコール。ラジオ中継の解説をしていたスポーツ報知評論家の金村義明氏(56)がリスナーからの「叫んでもいいのですか?」と質問を受け「(捕手の)梅野の頭には飛沫(ひまつ)飛んでいますよ」と笑っていた。場内での「大声」は今後も物議を醸しそうだ。

報知新聞社

【関連記事】