Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10万円給付、岡山市は9割完了 1・5万世帯まだ申請なし

配信

山陽新聞デジタル

 岡山市は26日、新型コロナウイルス対策で10万円を支給する特別定額給付金について、25日時点で市内全体(33万2779世帯)の9割に当たる29万9574世帯へ支給を終えたことを明らかにした。この日開いた対策本部会議で報告した。  内訳は既に受け付けを終了したオンラインが全申請分の7295世帯、郵送が29万2279世帯。市は6月中旬に1日当たりの処理件数を従来の3倍の最大3万件に増やして対応している。約1万5千世帯についてはまだ申請していないと報告された。市は7月中旬にも申請書と8月17日の期限を知らせるちらしを郵送するなどして促す。  会議では他に、市主催行事の人数上限(千人)を7月10日以降は5千人に緩和することも申し合わせた。  大森雅夫市長は、24日に市内で44日ぶりに感染者が確認されたことを踏まえて「手洗いやマスク着用など感染防止対策を改めて徹底し、社会経済活動の正常化に努力したい」と述べた。

【関連記事】