Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トヨタ MR2 後継車は本当に出るのか?特許画像から市販モデルを大予想

配信

レスポンス

トヨタは現在、ミッドシップスポーツ『MR2』(または『MR-S』)後継モデルの開発を進めていると噂される。果たして現実のものとなるのか。2019年に流出した特許画像から、後継モデルの姿を予想してみた。 関連画像を見る 初代MR2は、1984年に日本車史上初のミッドシップエンジン車として発売。日本カー・オブ・ザ・イヤーの栄冠を手にした。「セリカ/コロナ」ベースで開発された2代目「SW20型」は、1989年から1999年まで販売され人気を博した。1999年には後継モデル『MR-S』が、手動ソフトトップのオープンスポーツカーとして誕生。2002年まで販売された。これ以降、その系譜は途絶えてしまっている。 これまで、チーフエンジニアの甲斐氏が「スープラの次はセリカとMR2」と語っており、その後継モデルに注目が集まっていた。2019年には、新型ミッドシップモデルの特許画像が流出。スクープサイト「Spyder7」がスウェーデンのエージェント経由で入手していたが、今回はそのパテント画像から市販型の姿を大予想。 流出した特許画像は、その後『ラ・クーペ』として公開されているが、そのコンセプトをベースにMR2後継モデルとしてリデザインした。フロント、サイドに立体感を持たせたキャラクターラインを配置、特にサイドのフロントからリヤに渡ったラインは大きくラウンドさせたグラマラスなデザインとした。 またフロント両サイドのエアインテークは縦型タイプに。サイドアンダー部分には、ミッドシップエンジンに空気を取り込む大胆なカッテイングをデザインし、ラ・クーペよりもアグレッシブなスポーツカーを意識してみた。 パワートレインに関しては、有力な情報はないが、2.0リットル水平対向4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドが予想されている。 トヨタは過去に、スープラ、セリカ、MR2を「ザ・スリーブラザース」と命名している。スープラに追従し、トヨタを代表するスポーツカー2台の復活にも期待したい。

レスポンス Spyder7編集部

【関連記事】