Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

痩せたい、けど食べたくなるのはなぜ? 食欲のメカニズムを理解して、欲望をコントロールする工夫を

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Tarzan Web

わかってはいるけどつい手が伸びてしまう。止まらない食欲はあなたが悪いわけでもないし、止めるのも可能なのがわかった。さて、その方法とは。[取材協力/中島健一朗(自然科学研究機構生理学研究所 生体機能調節研究領域 生殖・内分泌系発達機構研究部門准教授)]

カロリーと美味しさで、食欲はコントロールされる。

ズバリ、食欲の中枢は脳にある。 その食欲に影響するのは、食べ物のカロリーと美味しさという2点。 「血糖値などからカロリーを感知するのは、脳の深層にある視床下部。舌からの味覚、鼻からの嗅覚、目からの視覚といった情報から美味しさを感じるのは、脳の表層にある大脳皮質です」(生理学研究所の中島健一朗准教授) カロリーは足りているのに、好きなデザートが出ると食べてしまうのは、視床下部は満足しているのに、大脳皮質が刺激されてまだ食べたいと思うから。視床下部も大脳皮質も満たされないと箸は置けないのだ。 食欲と並ぶ欲望に、睡眠欲がある。確かに眠らないと生きていけないが、かといって必要以上に眠れないし、睡眠不足に備えた寝溜めもできない。だが、食欲は容易に暴走して必要以上に食べられるので、肥満が起こる。 「ヒトにとって恐ろしいのは、飢餓。それに備えるために、余分なカロリーを体脂肪として蓄えるシステムができました。飢餓で困るくらいなら、食べすぎた方が生存に有利なので、体脂肪を溜めやすいのでしょう」 腹八分目で終わらずに、腹十二分目で食べ溜めを図るのは、ヒトの性のようなもの。だからこそ、食欲をコントロールする工夫が求められる。

空腹すぎると甘い物を好むので太りやすい。

「空腹は最高のスパイス」という諺があるように、空腹だとだいたい何でも美味しく感じるもの。空腹時に味の感じ方や好みが普段と変わるのは、ヒトだけではなく、マウスなど他の生き物にも広く共通して見受けられる現象だとわかっている。 そのメカニズムにも、食欲を司る視床下部にあるAgRPニューロンという神経細胞が関わっている。 「空腹に伴い、視床下部の弓状核にあるAgRPニューロンを起点とする神経ネットワークが働き、味覚が変化するとわかりました。同じ視床下部内にある別のニューロンにAgRPニューロンが働きかけると、甘味をより好むようになり、苦味を避ける嗜好が抑えられるのです」 空腹は飢餓の前兆。空腹≒飢餓になったら命を守るために、効率的にエネルギーに変わる糖質を欲して、多少の苦味は無視しても食べることを優先するのは、生き抜くためには理に適った行動だ。日常生活でも空腹を我慢しすぎないようにした方が、過食は避けられそう。 「太ると甘味への嗜好が高まる反面、苦味など他の味覚に対する好みは変わりません。今後は視床下部を起点とする神経ネットワークが肥満に及ぼす影響を調べ、そのメカニズムを明らかにしたいと思っています」

【関連記事】