Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

合併疑惑、サムスントップの逮捕状請求=韓国

配信

WoW!Korea

サムスン物産-第一毛織の合併および経営権継承をめぐる不正疑惑で、サムスントップのイ・ジェヨン(李在鎔)副会長に拘束令状(逮捕状)が請求された。 【もっと大きな写真を見る】  李副会長が関連事件起訴の妥当性を判断してほしいとして検察捜査審議委員会招集を申請した翌日のきょう(4日)、逮捕状請求となった。  ソウル中央地検経済犯罪刑事部は、李副会長とサムスングループ未来戦略室のチェ・ジソン、キム・ジョンジュン元社長に対して資本市場法違反、株式会社などの外部監査に関する法律違反容疑で拘束令状(逮捕状)を請求したと4日、明らかにした。なお、キム元社長については偽造容疑を追加で適用した。  検察は、2015年のサムスン電子-第一毛織の合併と、その後のサムスンバイオロジクスの会計基準変更が李副会長の安定的な経営権継承を目的としていたとみている。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】