Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

5万円前後!これからの季節に楽しみたい「ネイビーブルー文字盤」の機械式モデル3選

配信

ウオッチライフニュース

 気温もだいぶ上がりいよいよジャケットなしでYシャツ1枚でも充分な季節がやってきた。そして同時にジャケットなどアウターに隠れがちだった手首もこれからは露出するため、腕時計もちょっとしたファッションのアクセサリーとして効果を発揮する季節となる。そこで、この季節のファッションにさりげない差し色として効果的なネイビーブルー文字盤の腕時計を3タイプ紹介したいと思う。  ネイビーブルー文字盤は、ホワイト(シルバー)、ブラックに続くいまや定番カラーのひとつ。派手すぎずないところが支持されて、高級腕時計にも数多く採用されている人気のカラーだ。  そこで今回は5万円前後と、ちょっと頑張れば手の届く価格帯で、しかも搭載するムーヴメントはクォーツではなく日本製機械式という条件で次の三つをセレクトしてみた。  1960年代のコンプレッサーダイバーを再現したアウトラインのコンプレダイバー1960。独特のオクタゴンケースが印象的なディーワンミラノのオートマチック P701 アトラス。そして1970年代のデザインを売りとするダイバーズウオッチ、スピニカーのデュマだ。

アウトライン“コンプレダイバー1960”

 1940~60年代のアンティークウオッチの雰囲気を残すクラシカルなデザインをコンセプトに展開しているアウトライン。パワーウオッチやロービートなどの時計専門誌の総編集長、菊地吉正氏が立ち上げたブランドである。  コンプレダイバー1960はその第1弾として誕生した。1960年代に開発され、当時ジャガー・ルクルトやロンジンなど名だたるスイスの高級時計メーカーからリリースされていた通称“コンプレッサーダイバー”の雰囲気を再現したものだ。   最大の特徴は、1960年代当時と同じく潜水時間を計測するために回転式スケールを風防ガラス内の外周部分に装備している点だ。そのためそのスケールを操作するためのボタンが2時位置に設けられており、時刻調整用の4時位置のボタンと二つ装備している。また、自動巻きムーヴメントはシチズン傘下のミヨタ社のハイグレードクラスを搭載する。価格は4万9500円。  現在はタイムギア ONLINE SHOP、およびタイムギア ONLINE SHOP Yahoo店のみの取り扱い。

【関連記事】