Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

織田裕二、NHKサイエンス系新番組MC「知っているフリをしないで教わりたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 俳優の織田裕二がMCを務める、NHK・BSプレミアムの新番組『ヒューマニエンス 40億年のたくらみ』(毎週木曜 後8:00~8:59)が10月1日にスタートする。番組名は、「人体(ヒューマン)」+「サイエンス」をかけ合わせたもの。人間という不確かな存在とはいったい何なのか? その真の姿に迫っていく新シリーズ。新番組への意気込みについて織田がコメントを寄せた。 【写真】初回収録の模様  40億年をかけて進化してきた人間には、科学的に“確かなもの”と“不確かなもの”が混在しているという。最難&最新のフロンティア、「わたしたちのカラダとココロ」を現代科学で挑む。未知の領域をわたしたちの想像力で補うとどんな可能性が秘められているのか、熱いトークで深掘りしてゆく。織田とともにMCを務めるのは、藤井彩子アナウンサー(NHK)。  初回は「オトコとオンナ“性”のゆらぎのミステリー」。テーマは「性」。「オトコ」と「オンナ」は2つの確固としたものではなく、移ろいやすい存在であることがわかってきた。自然界では、メスがオスに性転換したり、オスがいなくてもメスだけで子どもを産んだりするものも多く、人間のなぞは深まるばかり。性スペクトラムなど最新研究の裏付けをもとに、「性」の真の姿を「妄想」。人間らしさの根源を探っていく。 ■織田裕二のコメント  番組MCのお話をいただいた時は、とてもうれしかったです。スポーツの中継番組を除くと、MCは初めてなので緊張していますが、決して「知っているフリ」をしないで教わりたいです。僕は、専門家の方から面白い話を引き出せるように良いパスを投げ、先生方にナイスシュートを決めてもらえるよう徹する。そして最後は、それを見ていただいた方が「いい試合だった」と思えたら良いなと思っています。

【関連記事】