Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ドキュメンタル』でIKKOを捨てたチョコプラ・松尾「モノマネ芸人みたいになってますけど、コント師なのでそこで勝負したかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

Amazon Prime Videoの人気バラエティ番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』(以下、ドキュメンタル)。そのシーズン8が配信され、出演したチョコレートプラネット・松尾駿が過酷な収録を回顧した。 【写真】緊張感漂う現場を振り返る松尾 『ドキュメンタル』は松本人志に選ばれた10人の芸人が、自分以外の参加者を笑わせるお笑いバトル。優勝者は各自が持ち寄った100万円を総取り。周囲は全員敵というサバイバル状態で、芸人同士の駆け引きが繰り広げられる。2016年から始まり、「Amazon Prime Video 2019 年間ランキング」Amazonオリジナル 日本制作番組部門、TV番組総合部門では1位を獲得した。 そんな人気番組に出演が決まった松尾は、「ヤバいなとうれしいが半々。日を増すごとに恐怖が襲ってきた」そう。さまざまな準備をしたものの「本当にいいものなのか不安になりながら準備した感じ。準備してきたもののほとんど使わず終わった」と後悔。 実は、今回のシーズン8の前に同番組に出演している松尾。しかし、Amazon側から「下品にもほどがある」とお叱りを受け、一度お蔵入りしている(現在は『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタリー・オブ・ドキュメンタル アマゾン怒りのお蔵入り!幻のシーズン&誰が悪かったのか!?緊急討論会』にて公開)。実質2度目の出演となったが、それでも「作戦も立てましたけど、その時点で面白いか分からなくなっちゃって......」と不安が募っていたことを明かした。 番組のオープニング、おなじみのIKKOの恰好で登場した松尾は、その理由をこう振り返る。 「最近は普通の服で出るのが気持ち悪くて、IKKOさんの格好で出るのが楽なんですよね。本当の自分はもうIKKOさんに乗っ取られてるんじゃないかって思った方が楽になってて」。 実際、IKKOのモノマネで先に集まっていた千原ジュニアと藤本敏史を笑わせていた松尾は、「オープニングは楽しかったです」と明かしつつも、本番が始まると変化。「始まってから全く別物で、最初はオープニングの余韻でちょっと笑いそうになったんですけど、違うなって思ってから頭おかしくなりそうでした」と、シビアの戦い空気を肌で感じたそう。 これまで多くの大舞台に立ってきたが、『ドキュメンタル』の独特な緊張感をこう話す。 「『キングオブコント』とかは始まる前にちょっと緊張するけど、始まれば緊張しない。でもドキュメンタルは6時間という緊張の長さと度合いが全然違う。全部自分の責任。緊張しすぎて倒れ込むように楽屋戻りました。全部終わってから動けないくらい」 なぜ、そこまでプレッシャーを背負い込むのか。松尾はこの番組出演に並々ならぬ思いがあったそう。

【関連記事】