Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】延長前半に奪った1点を最後まで守り切った湘南工大附が横浜創英を下す

配信

高校サッカードットコム

大会開催の延期が相次ぐが、サッカーの炎は絶やすな! 過去の熱線をプレイバック! 【2019.11.03 第98回全国高校サッカー選手権神奈川予選 2次T3回戦 湘南工大附 vs 横浜創英】 【フォトギャラリー】湘南工大附 vs 横浜創英  11月3日、第98回全国高校サッカー選手権神奈川予選の2次トーナメント3回戦が秋葉台で行われ、共にK1リーグで闘う湘南工大附と横浜創英が激突。延長前半に奪った1点を最後まで守り切った湘南工大附が勝利し、次戦で桐蔭学園と対戦する。 青のユニフォーム湘南工大付のスターティングメンバーは、12番GK永谷陵之佑、2番DF端野拓馬、3番DF深見純大、4番DF鶴田智也、5番DF加藤椋太、10番MF小島心都、14番MF山崎海斗、7番MF川名連介、19番MF高木大輔、26番MF八幡旭、9番FW鈴木琉矢。対するグレーのユニフォーム横浜創英のスターティングメンバーは、1番GK梅澤亘、2番DF永野凌平、5番DF橋本和樹、6番DF坂岸寛大、18番DF御澤拓仁、4番MF照井佑亮、7番MF五嶋耕太、3番MF須田幸志郎、8番MF柳下涼太、9番FW下田拓夢、10番FW荒俣圭汰。 立ち上がり、ディフェンスラインからボールを繋ぎ押し込むのは湘南工大附。前線の選手がポジションチェンジを繰り返しマークを剥がし、ボールが入るとテンポの良い繋ぎやドリブルでシュートチャンスを伺う。一方、横浜創英は2トップが起点となりサイドが仕掛けるスタイル、18番DF御澤拓仁が繰り出す推定飛距離40m強のロングスローで湘南工大附ゴールに迫る。前半終了間際にはそのロングスローからヘディングで叩きバーをかすめるシーンを作るもノーゴール、スコアレスで試合は後半へ。 後半、立ち上がりから横浜創英ペース。サイドにボールが収まり厚みのある攻撃を展開。クロスに4番MF照井佑亮が頭で合わせてクロスバーを叩くシーンを作るなど、押し気味に進めるも互いにスコアレスのまま延長戦へ突入。延長前半7分、横浜創英3番MF須田幸志郎がこの日2枚目のイエローカードで退場に。ここで湘南工大附が畳み掛ける。同9分湘南工大附、右スローインの崩しから20番FW石井海智が粘ってクロス、一度はダフるも8番MF松森堅誠が左足で決めて待望の先制ゴール、1-0とリードし延長後半戦へ。延長後半6分、再三ロングスローを仕掛ける横浜創英に対し善戦していた湘南工大附だが、ディフェンスがたまらずペナルティエリア内で相手を倒しファール、PKの判定。祈りを込めて横浜創英キャプテン6番DF坂岸寛大がボールをセット、左足で中央に放たれたボールはサイドに跳んだ湘南工大附12番GK永谷陵之佑の残した足に当たるとしっかり掴んでスーパーセーブ。その後も押し込む横浜創英に対し、最後まで踏みとどまった湘南工大附が1-0で勝利。次戦、桐蔭学園と激突する。

【関連記事】