Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【続報・新型コロナウイルスの影響】バイク界への影響[ビモータの状況&アメリカはどうなっている?]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

メーカーの動向……ライダーたちは今

2020年4月20日に「【緊急取材】バイク界における新型コロナウイルスの影響は?」および「各国のバイク界の状況はどうなっている?」という記事を展開したが、そのタイミングではカバーしきれなかったアメリカの状況と、ビモータ(bimota)の現在をレポートする。

【bimota】ロックダウン前の計画は全て(少なくとも)3か月の遅延

イタリアのビモータは、昨秋のミラノショーことEICMA 2019で復活の狼煙を上げたばかり。カワサキの支援を受けて、ニンジャH2のスーパーチャージドエンジンを搭載するテージH2(TESI H2)の開発も同時に発表し、その開発工程は遂次同社のFacebookで報告されてきた。ただ、そのSNSの更新も3月20日を最後に途絶えたまま。どうなっているのか気になったので、本社の広報担当者にメールで問い合わせてみた。その回答は下記のようなものだ。 「ロックダウン前に作成された全ての計画には、実際のところ3か月の遅延が生じています。ですが、工場を再開できる日が来たらすぐに、サプライヤーと顧客の状況を確認したいと思っています。現在、通勤や移動は全て禁止されており、警官が道路や人々をチェックしています。市民は食料品店、病院または薬局それぞれに、1度の外出で1か所にしか行くことができません。また、我々と同様に全てのバイクメーカーが完全にストップしています(2020年4月21日現在)」

[www.facebook.com/bimotaofficial]After few test on the road, now for the Tesi H2 it’s time to be “stressed” by Luisa… (Luisa is the nickname for the machine which verify the stiffness and the mechanical strength of the Bimota frames).

【関連記事】