Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

男性層もハマった『愛の不時着』アンケート調査

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 Netflixで配信中の『愛の不時着』。アクシデントによって北朝鮮に侵入してしまった韓国の財閥令嬢と、彼女を救った北朝鮮のエリート将校との許されぬ恋の行方を描いた韓国ドラマだ。日本では今年2月に配信開始されて以降、国内視聴ランキング上位にランクインし続けており、「韓流ブーム」を再燃させた立役者と言われている。  その人気はドラマの日本盤オリジナル・サウンドトラックにも波及している。5月リリースされたCD『愛の不時着 オリジナル・サウンドトラック』は、コンスタントに売上を重ね、過去5年で見ると、16年に放送され一大ムーブメントを巻き起こしたテレビ朝日系ドラマ『おっさんずラブ』のサウンドトラックに次ぐヒットとなっている。名場面を彩る挿入歌やBGMはもちろんのこと、ドラマの名場面の写真が収められたブックレットも人気のようだ。 【表】過去5年で2番目の売上となった『愛の不時着』サントラ

■『愛の不時着』に対する好感は男性のポイントが女性を上回る

 ドラマ人気がけん引した韓流ブームとして思い出されるのは、『冬のソナタ』が契機となって日本全国に巻き起こった「第1次韓流ブーム」だ。03年にNHKがBSで同作を放送し、そのあまりの人気から翌年には地上波で放送され、全国的なヒットとなった。主演のペ・ヨンジュン、チェ・ジウ人気はもちろんのこと、ドラマの関連CDの売上もミリオンヒットとなった。そして当時、そのブームをけん引していたのは中高年女性だった。  『冬のソナタ』も『愛の不時着』もラブロマンスである点では同じだ。しかし、今回は女性だけでなく、男性層もハマっているという。これが「第1次韓流ブーム」とは大きく異なる点である。そこで、その理由を探るべく、『愛の不時着』の視聴者にアンケート調査を行った。  視聴者(143人)に、本ドラマに対する好感を聞いた。男女比率は、男性69人(48.3%)、女性74人(51.7%)とほぼ半々。「とても好き」「好き」は全体では92.3%と9割を超える高さで、男女で比較すると、男性の好感が女性を約10ポイント上回る97.1%となった。視聴時期は全体では、コロナ禍で緊急事態宣言発出中の「20年4~5月頃」(40.2%)の割合が最も高く、次いで緊急事態宣言解除後の「20年6月~現在」(34.8%)、配信が始まった初期「20年2~3月」(25.0%)となっているが、こちらも男女で比較すると、「20年2~3月」の割合は男性が女性を10ポイント上回っている。このことから、男性は配信開始時期から本作への関心が高かったという結果が出ている。  では、視聴者は『愛の不時着』のどういう点に魅力を感じ、作品世界にハマったのだろうか。上記の回答で、「とても好き」「好き」と回答した132人に、当てはまる項目を全て選択してもらった「表『愛の不時着』にハマった理由(複数回答)。全体では、「主演の演技・役柄」(76.5%)が最も高く、次いで「朝鮮南北分断の背景」(46.2%)、「南北朝鮮の文化・生活様式の違い」(40.2%)の順にポイントが高かった。とくに目立つのは、「主演の演技・役柄」「禁断のラブストーリー」「登場人物のユーモラスな掛け合い」「隊員や村人との交流」「サブキャストの演技・役柄」などの項目で女性のポイントが男性を大きく上回っている点だ。メインのラブストーリーだけではなく、サブストーリーや彼らを取り巻く登場人物たちにも愛着を感じている様子がうかがえる。

【関連記事】