Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「掃除くらいやれば?」義母の一言(泣)だるさと落ち込みで家事をするのも、もう限界|更年期の新習慣「漢方」Q&A

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

1.「元気な同級生が妬ましい」だるくて家事をするのももう限界。義母の嫌味とだるさの板挟みから抜け出したい。

身体が重だるくて、思うように動けない……たくさん寝ても疲れが取れない。やる気が起きないなど、30~40代の「プレ更年期」や、40~50代の「更年期」の女性には、自分ではどうにもならない不調が現れるもの。 実は、その不調には漢方がよく効くことをご存知でしたか? 私の不調にも漢方が効くのか知りたい!どうすれば根本解消できるの? そんな女性たちの疑問を、漢方の専門家に全10回のシリーズで解説してもらいます。 第7回のテーマは、「だるさ」です。あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師の、清水みゆきさんに教えてもらいました。 マキコさん(44歳) 義理のご両親と同居している主婦の方からご質問を頂きました。 「最近すごく身体がだるいんです。旦那の両親の世話をしながら家事を全部やっています。ひと通り朝の家事が終わったらもう疲れ果ててしまいます。そして、家事のやる気が全く起きません。『主婦だし、やる気でないけどやらなきゃ』と思ってなんとかやっています。以前、だるくて家の中のことができていないまま休んでいたら、義母に『家の中がぐちゃぐちゃじゃない。この家に住んでるんだから、ただ飯食ってないでちゃんとやってよ』って嫌味を言われて…。もう二度とあんなこと言われたくありません(怒)。だるさや疲れがずっと続くのは更年期のせいなんでしょうか?44歳だと、更年期が来るには少し早いですかね?私の同級生はまだ更年期は来ていなさそうで、『更年期?まだ早いでしょ。子育てに仕事に毎日忙しいよ~最近は趣味も始めちゃってさ』と言っています。正直、元気いっぱいで充実している友達が妬ましい気持ちすらあります。やる気も体力もなくて私の人生は意味がない気がして、落ち込むことも最近は多くなってきました。もし改善する方法があるようでしたら、教えてほしいです。このだるさがずっと続くなんて辛すぎます」 ご質問ありがとうございます。疲れやだるさで思うように動けないといつもできていたことができなくなって、心身ともに辛いですよね。 このような慢性的な疲労感やだるさは、更年期に生じる代表的な症状のひとつです。 一般的には、45~55歳の閉経前後にこのような不調を生じることを更年期障害と呼びます。更年期障害は、卵巣の老化による女性ホルモンの減少が原因です。 ただし最近では、30代後半~40代前半のまだ閉経ではない年代でも、更年期障害と同じような症状に悩まされるケースが増えており、これは「プレ更年期」と呼ばれています。 女性の体は、実は30代半ばが女性ホルモン分泌のピーク。その後、30代後半から女性ホルモンは減り始めるので、徐々に心と体の不調が出やすくなります。

【関連記事】