Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

有働由美子、“親友で恩人”小澤征爾の意外な素顔を語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

2020年9月1日、アメリカのボストン市がボストン交響楽団の音楽監督を務めた小澤征爾氏の功績を称え、小澤氏の誕生日であるこの日を「セイジ・オザワ・デー」に制定した。

これを受けて、4日放送のニッポン放送「うどうのらじお」の中で、小澤氏と“親友”だと語るパーソナリティの有働由美子が、その素顔を明かした。 小澤氏と有働由美子の関係は、1998年の長野五輪開会式で小澤氏が指揮をとった際に取材を通して出会い、今では家族ぐるみでのお付き合いをしているという。 そんな小澤氏との一番の思い出は2007年。当時、NHKの海外特派員としてニューヨークで勤務をしていた有働は、その頃に小澤氏がニューヨークヒルとボストン交響楽団で指揮をとるためにアメリカにやってくることを知り、インタビューを取ろうと「メトロポリタンオペラ」の関係者入り口に待ち構えていたという。 当時、取材を受けていなかった小澤氏だったが、寒い中、長い時間待ち続け鼻を真っ赤にした有働を見かけるなり、施設内に招き入れ、1時間ほどインタビューに応じてくれた。それまでニューヨークで結果を残すことができなかった有働にとっては、このインタビューを企画にすることができ、有働のキャリアの中で大きな成果となった。「今でも本当に感謝している」と当時を振り返った。

そんな小澤氏の素顔について、有働は「ただのレッドソックス好きの子供みたいな人」と暴露。どんな公の場にもレッドソックスのTシャツに帽子をかぶって現れることもしばしばだそうで、世界で3人くらいしか持っていない、レッドソックス戦のフリーパスを持っているという。またウィーンでロケをしていた際、小澤氏は道端で楽器を奏でていた老人の前で体育座りをし、メロディーに合わせて指で指揮をしていたというエピソードも披露。最後に有働は「“元気になってまた一緒にネグローニを飲む”というのが親友・小澤さんとの夢です」と語った。

【関連記事】