Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

創価大学がロケ地MAPを作成 ロケの誘致にも積極的な大学の取り組みとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ロケーションジャパン

 少子化の進む中、学校側には学生たちへのアピールの場としてもロケ誘致が注目されている。撮影隊はロケーションで助けられ、学校側は学校施設の紹介と共に学内の雰囲気を味わってもらう絶好の機会となっている。学生たちの愛校心に繋がるということで、ロケ誘致は自治体のみではなく、学校にも新しい取り組みとして試みられているようだ。

創価大学では、学園モノはもちろん、サスペンスや推理もの、ファンタジー要素が強い作品まで多岐にわたる撮影が行われ、その数は5年間で80件以上にのぼっている。そういった実績を活用して学生に楽しんでもらおうと、創価大学構内での撮影ポイントを集めたロケ地マップ「創価大学[ロケ地MAP]」を作成した。  一昔前、学校内での映像作品の撮影は許可取りが難しく、撮影隊の悩みの種だった。しかし、現在は撮影の受け入れを積極的に行っている大学も増えてきた。その一つが、創価大学だ。創価大学は学園モノの映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』(主演・中島健人〈SexyZone〉、小松菜奈)にはじまり、推理系ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーSEAZONII』(主演・松本潤)、中小企業の奮闘を描いたドラマ『下町ロケット』(主演・阿部寛)といった作品のロケ地をなった。話題づくりで在校生に楽しんでもらう試みであり、実際「豪華俳優陣が来た」とあって学生たちも校内で盛り上がったという。  また、大学×映像作品の試みは他大学でも盛んで、ロケ誘致に積極的な大学の一つの実践女子大学では、映画『ママレード・ボーイ』公開時に、主演の桜井日奈子・吉沢亮がサプライズゲストとして登場するイベントが行われ、学生たちの思い出づくりに一役買うとともに、そのイベントがメディアに取り上げられ、作品公開自体を盛り上げた。  かつて大学進学を志し、先輩たちのキャンパスライフに憧れた人もいるのでは? ロケ地マップ片手に思いを馳せてみて欲しい。 (※学校内立ち入りについては、状況・各学校のガイドラインを要参照)