Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

椋鳩十「大造じいさんとガン」生きてこそ美しい【あの名作その時代シリーズ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
西日本新聞
椋鳩十「大造じいさんとガン」生きてこそ美しい【あの名作その時代シリーズ】

版画・山福朱実さん

 私が『大造じいさんとガン』と出合ったのは小学五年生のとき、国語の教科書でした。わずか十数ページの物語ですが小学生にとっては“長編”でした。それでも、一気に読み上げました。大空に飛び立つガンの頭領・残雪を、大造じいさんが見送るラストシーンが目の前に鮮明に広がり、すがすがしい気分になったのを二十年後の今もはっきりと覚えています。  この作品は、太平洋戦争に突入する直前の一九四一年十一月、月刊誌「少年倶楽部」に発表されました。椋鳩十は動物を主人公にした児童向けの物語を三百以上も書き残していますが、『大造じいさんとガン』はごく初期の作品です。  舞台は鹿児島県北部栗野岳のふもと。年老いた狩人から聞いたガン狩りの話として、物語はつづられます。翼に真っ白な混じり毛を持った残雪はガンの群れのリーダー。利口で人間を寄せ付けません。大造じいさんは、数年にわたって残雪と戦いますが、仕留めることができません。ある年、残雪は大造じいさんが用いたおとりのガンを助けようとしてけがを負います。思いがけず残雪を捕まえた大造じいさんは残雪を介抱してやり、けがの癒えた残雪を放つのでした。「おれたちはまた堂々とたたかおうじゃないか」と呼び掛けて。  作品は現在も教科書に掲載されています。鹿児島市に住む椋の長男久保田喬彦さん(75)は、作品の魅力を語ります。  「いつまでたっても新しく感じます。おじいさんとガンの関係性はいかなる時代も変わらない。おじいさんやガンの行動に変な理屈をつけないところも、深く考えさせられます」  椋の作品に通じるもう一つの特徴は、正確な描写です。鹿児島県加治木町の椋鳩十文学記念館には、二百冊以上に及ぶ取材ノートが残され、狩りの方法から肉の分け方まで、その特徴を地区ごとに何通りも細かく書き出しています。講演に行けば、謝礼の代わりに地元の猟師を紹介してほしいと頼んでいたほど。クモやマムシまで、自宅で飼えるものは飼って観察し、生態や習性を描写しました。無駄がなく精密な文章がいつまでも古くならない要因でしょう。  受け入れられなかったこともありました。一九七〇年前後、ある学校で講演したとき教師の半数以上がボイコットしました。『大造じいさんとガン』は、大戦直前に発表され、子どもを戦争へ駆り立てる意図が隠されている―というのが、その理由でした。

本文:2,320文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込220
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    西日本新聞

    西日本新聞の有料記事

    PayPay残高使えます