Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』公開記念 映画で使用されたオアシス楽曲をセレクト!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CINEMORE

2009年に解散したイギリスの伝説的ロックバンド「オアシス」。その元フロントマン、リアム・ギャラガーを追ったドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』が9月25日より全国公開となる。 オアシスといえば日本での人気も非常に高く、知らぬ者は少ない存在だが、映画においても彼らの楽曲は強い存在感を放ってきた。たくさんの映画監督に愛され、それぞれの物語の中で重要な役割を果たしているオアシスの楽曲を作品と合わせて紹介する!

『Mommy/マミー』(14)監督:グザヴィエ・ドラン

『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』と同日に新作『マティアス&マキシム』の日本公開が控えているカナダの俊英グザヴィエ・ドラン監督作。 本作はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、審査員特別賞を受賞。気の強いシングルマザーのダイアンと多動性障害を持つ息子スティーヴの愛憎物語を描かれるが、その転換点で登場するのが95年リリースの「(What's The Story) Morning Glory ?」に収録されている「Wonderwall」だ。 オアシス屈指の人気曲がゆえ、ともすると浮いた印象を与えかねないが、見事に作品に馴染んでいる。スティーヴの開放的な気持ちとシンクロするように画角が広がる演出も話題を呼んだ。ほぼフル尺で使用されていることもオアシスファンには嬉しい。

『スナッチ』(00)監督:ガイ・リッチー

アニメ『アラジン』(19)の実写リメイクを手掛けた、ガイ・リッチー監督の長編第2作。低予算ながら、ハリウッドスター、ブラッド・ピットが出演。ブラッド・ピットがガイ・リッチー監督のデビュー作のファンで、出演を熱望していたこともあり「アイリッシュ訛りのひどい英語を話す流浪民」という破天荒な役を演じている。そんなブラッド・ピットのハードなボクシングシーンで使用されたのが、00年リリースの「Standing on the Shoulder of Giants」に収録されているインストナンバー「Fuckin’ In The Bushes」。 リングに上がった2人、取り巻く観客の興奮状態を表すだけでなく、映画を観る我々の熱も上げるロックナンバーだ。

【関連記事】