Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジョージ・フロイドさん暴行死、警察官も抗議活動に団結を示す。片膝をつき、デモに参加「一緒に歩こう」

配信

ハフポスト日本版

黒人男性のジョージ・フロイドさんが、警察官に膝で首を押さえつけられ死亡した事件に対する抗議活動が、事件が起きたミネアポリスからアメリカ中に広がっている。 【動画】抗議活動に参加、片膝をつく…団結を示した警察官たち 一部が暴徒化して警察との衝突や逮捕が起きている一方で、各地で警察官たちが抗議活動に参加し、「Black Lives Matter(黒人の命を守れ!)」という訴えに団結を示している。

ミシガン州フリント

ミシガン州の地元テレビ局WEYIによると、同州のフリントで5月30日に行われた抗議活動に、警察官が合流した。 団結の意思を示したのはジェネシー郡のクリス・スワンソン保安官らだ。 スワンソン保安官は、ヘルメットや警棒を外して抗議活動に近づき、「私たちがここにきた理由は、みなさんの声が届くようにするため。ただそれだけです」と呼びかけた。 そして「ここにいる警察官たちは、みなさんを大切に思っている。あそこにいる警察官たちは、みんなとハグをしている。私たちに何をして欲しいか教えてくれ」と尋ね、「私たちと一緒に歩こう!」と繰り返し叫ぶ参加者たちの声に答えて歩き始めた。 Twitterの動画には、スワンソン保安官がハイタッチをしながら参加者たちと歩き出す様子がうつっている。

ミズーリ州ファーガソン

同じく30日、ミズーリ州ファーガソンではジェイソン・アームストロング警察署長が、フロイドさんへの敬意を表するために抗議活動参加者とともに片膝をついた。 地元メディアのセントルイス・ポスト・ディスパッチは、アームストロング署長と警察官たちが、警察署の外で抗議する約500人に加わったと伝える。 さらに地元テレビ局のKMOVのアシュリ・リンカーン記者によると、アームストロング署長は抗議活動にも参加。 そして抗議活動参加者たちがフロイドさんに敬意を表して片膝をつくと、警察官も続いた。 ファーガソンでは2014年8月に、18歳だった黒人のマイケル・ブラウンさんが白人の警察に撃たれて亡くなった。 事件の後、数週間に及ぶで大規模な抗議が行われたが、ブラウンさんを撃った警察官は自衛だったと主張し逮捕されなかった。 アームストロング署長は「ファーガソンの事件は、警察権力に対する警鐘だった」と語っている。 「あの事件は私に、警察が一体何をしているのかを考えさせるきっかけになりました。そして私の目を開かせ、リーダーとなって変化をもたらし、(市民と)より良い関係を築くよう促したのです」

【関連記事】