Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松島がフランスラグビー挑戦の思い語る。「積み上げたものがある。自信はある」

配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 ラグビーワールドカップ2019で日本代表のキープレーヤーのひとりとして初のベスト8入りに大きく貢献した松島幸太朗(27歳)は、2020年5月末まで7季在籍したサントリーサンゴリアスを離れ、フランスの名門クラブであるASMクレルモン・オーヴェルニュへ移籍する。  移籍発表は1月下旬におこなわれ、後日改めて、メディア取材の機会に松島本人の口から意気込みなどが語られる予定だったが、新型コロナウイルスの影響によるトップリーグ中止に伴って実施見送りとなり、このたび、サントリーサンゴリアスの協力でインタビュー映像が配信された。  クレルモンが属するフランス最高峰リーグのトップ14は、例年、8月下旬に開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大で2019-2020シーズンは途中で打ち切りとなり、来季については未確定だが、松島はいま、まだ本格的なトレーニングはしていないものの、自宅でバイクをこいだり、軽い器具でウエイトトレーニングなどをしているという。  渡航時期は未定だ。 「コロナウイルス次第ですけど、いつどういったタイミングで行くかという日付は決まっていません」  フランスは、新型コロナウイルスによる死者数が世界でもワースト5に入っており(5月31日時点で死者数:2万8802人、感染者数:18万8882人)、警戒が続いている。松島は「日本より感染者数などが多いので、日本にいる時より注意しなければいけないので、まぁ怖いと言えば怖いですね」と不安を口にする。が、フランスラグビーに挑戦したいという思いは変わらなかった。今回の契約をやめて日本に留まるという気持ちはなかったという。 「基本、行きたいという気持ちがあったので。あとはコロナウイルスがどれくらい収まってくれるのか…。治療薬ができるタイミングもあると思うので、本当にコロナ次第というか」

 松島が加入するクレルモン・オーヴェルニュは、1911年創部で100年以上の歴史がある。トップ14で優勝2回、ヨーロッパ王者を決めるチャンピオンズカップでは直近の10年間で3度も決勝進出を果たした強豪だ。2019-2020シーズンのヨーロピアン・チャンピオンズカップは新型コロナウイルスの影響で準々決勝前に中断したが、クレルモンは8強入りしている。  そんなチームを選んだ理由について、松島はこう語った。 「まずはチームとして温かく迎え入れる、ということを聞きました。自分が早く溶け込める環境にしたいと思っていたので、そういったところでこのチームが良いのかなと思いました」  移籍については、2019-2020シーズンまでサンゴリアスに3季在籍したマット・ギタウに相談したという。オーストラリア代表として103キャップを誇る世界的スターのギタウは、フランスのトゥーロンでプレーした経験がある。 「僕が交渉していたチームの中でどのチームの印象が良いかと聞いたり、このチームはこういうチームカラーだとか、そういうことを聞いたりしました」  日本代表のジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチには移籍を発表する前に連絡をし、「それは良い判断だ」と返事をもらったという。フランスへ行ってからも、けがをした場合や、どれくらいのゲームタイムだったかなど、コミュニケーションをとっていくことを確認した。  フランスは、次回(2023年)ワールドカップの開催国でもある。そこへ向けての気持ちを訊かれると、松島はこう言った。 「2019年のワールドカップ後は、完全燃焼という感じが少し出たので、あまり意識せず徐々にターゲットにしていこうという気持ちです」  まずはフランスで挑戦したい。 「たくさんいろんな舞台でラグビーをやってきて、積み上げができているので、そういった部分で自信はあります。不安については、いま全然身体を動かしていないので、それがどう影響してくるのかという、そっちの不安が大きいです」

【関連記事】