Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鉄腕岩瀬も「思わず記憶が飛びましたね!」ドラゴンズレジェンドのうれし恥ずかし“初めて物語”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

「【ドラゴンズを愛して半世紀!竹内茂喜の『野球のドテ煮』】 CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)を見たコラム」

見せて下さい!野球の底力を

ボクらの、わたしたちの野球が戻ってくる!新型コロナウィルスの感染拡大で延期されていたプロ野球開幕。5月25日にオンライン開催された臨時12球団代表者会議にて、セ、パ両リーグ公式戦がともに6月19日(金)を開幕日と決め、120試合戦うことが決定。ただ無観客試合という、まだまだ通常の試合は異なるものの、まずは一安心となった。いよいよ待ちに待った球音が返ってくる。野球ファンにとってこれ以上の吉報はない。開幕日が決まったことに与田監督も「やっと開幕日が設定されたなという安ど感はあります。(選手たちも)明確な目標ができたことは大きい」とコメント。日本国民の多くが、目に見えない恐怖と戦い続けているここ数カ月。野球という“元気が出るクスリ”で、心底からの笑顔を取り戻したいものである。 さて今週のサンドラはドラゴンズレジェンドたちの初試合、初登板をフィーチャー。当時を回顧しながら、うれしはずかしの“初めて物語”を語ってもらった。

デビュー戦で自身の未熟さを知った井端

まずトップバッターは常勝ドラゴンズの内野のキーマンとして活躍した井端弘和。彼の初めて物語は1998年9月8日、ナゴヤドームで行われた対タイガース戦。プロ初出場が初スタメンの出番となった。 井端「(スタメンと)聞いた瞬間はうれしかった。ただそこから不安になってくるというか、“うわぁ、どうしよう、どうしよう”としか思っていなかったですね」 そんな井端の初打席は1回2点を先制し、なおも2死1、3塁という追加点のチャンスの場面だった。 井端「打席でバッターボックスの土をならし、そして構えた瞬間に足がカタカタカタと震えていましたね。自分でもビックリしたぐらいですから」

未体験の緊張の中、2ボール2ストライクと追い込まれた5球目。タイガース先発のダレル・メイ投手のインコース高めのストレートにドン詰まり。バットは折れ、プロ初打席の結果は無残にもボテボテのピッチャーゴロに終わった。しかし天は井端を見捨てなかった。3回裏に迎えた第2打席。再びチャンスの場面で井端登場となった。2死満塁でカウントは第1打席と同じ2ボール2ストライク、そしてピッチャーもメイ。 井端「もう追い込まれた瞬間に腹くくって、エンドランのつもりでいこうと打席に立っていました」 まさに食らいついていこうという気迫のこもったバッティング。井端らしいインパクトの瞬間、右足を後ろに引いておっつけて打った打球はメイの足元を抜け、センターへ抜ける2点タイムリーが思い出に残るプロ入り初ヒットとなったのだ。ただそこからが井端らしかった。 「(デビユー戦は)自分の未熟さを知らされたという感じでした。思っていることが表現できなかった。それでは一軍ではやっていけないと思いました。唯一ホッとしたのは、ベンチに戻って星野監督に“ナイスバッティング”と言われたことですかね」

【関連記事】