Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リアルな働きアリ、わずか2.6%だった 驚きの事実に「まるで社会の縮図」の声

配信

ABEMA TIMES

 あたかも常識のように知れ渡っていることが、じつは誤りだった。そんな定説が覆った例がある。「働きアリは、働かない」もその一つだ。 【映像】誤って知れ渡った定説の数々  米・アリゾナ大学が、2週間にわたってアリの巣をHDカメラで観察しつづけた結果、働きアリの71.9%は半分以上の時間で怠けており、25.1%に至っては一度たりとも働いている姿が観測されなかった。リアルに働いていたのは、わずか2.6%だったという。  ABEMAで放送された『ABEMA的ニュースショー』、その「科学が証明 新常識」のコーナーでは、その他にも野球界で言われている「ラッキー7」に関して、過去7年分の日本プロ野球におけるイニング別得点数を集計したところ、最も得点が入りやすいのは7イニング目ではなく、初回だったことも明かされた。  働きアリがじつは働かないという事実を知った視聴者からは「2割はニート」「まるで社会の縮図」「聞いたか、経営者」などの声が上がっていた。

【関連記事】