Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

天才→天才のホットライン開通! C大阪MF西川潤、J初ゴールの技ありループに称賛

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

J1第10節・柏戦で途中出場し、柿谷のスルーパスに抜け出してダメ押しの3点目を記録

 セレッソ大阪のMF西川潤は、15日のJ1リーグ第10節・柏レイソル戦で途中出場。終了間際に技ありのループシュートでJ1初ゴールを決めて3-1の勝利に貢献し、「西川神~」「センス◎」など称賛の声が上がっている。 【動画】天才・柿谷とのホットライン完成! C大阪ルーキー西川潤が待望のJ初ゴール  西川は桐光学園高時代の2019年に特別指定選手に登録されると、同年3月のルヴァンカップで公式戦デビュー。4月にはリーグ戦デビューも飾るなど、計3試合に出場した。  プロとなった2020年は、7月に左大腿四頭筋筋損傷を痛めて“正式デビュー”が遅れていたが、8月5日のルヴァンカップ浦和レッズ戦(1-0)で今季公式戦初出場を果たすとともに、FW豊川雄太の決勝ゴールを演出する活躍を見せた。  今季リーグ戦では開幕戦後はベンチ外が続いていたが、15日の柏戦で9試合ぶりのベンチ入り。2-0とリードして迎えた後半38分に投入されると、早速才能の片鱗を見せつける。  同じく途中出場のFW柿谷曜一朗が自陣中央から右サイドにドリブルで持ち出すと、前線へ浮き球のパスを供給。相手最終ラインとGKの間に絶妙なラストパスが飛び、抜け出した西川は相手GKの頭上を抜く技ありのループシュートでネットを揺らし、Jリーグ初ゴールをマークした。  C大阪公式ツイッターは「どやさーーー」(どうだの意)と速報。ファンからも「ジーニアスからジーニアスへ!」「曜一朗→西川潤最高でした」「西川神~!」「ファーストタッチであれはセンス◎」と称賛の声が上がっている。  海外移籍の噂が絶えない西川だが、待望の初ゴールで18歳の逸材に対する注目度は一層増しそうだ。

Football ZONE web編集部

【関連記事】