Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

4月の倒産状況「宿泊業」 新型コロナの影響が一気に顕在化

配信

東京商工リサーチ

月間倒産は過去2番目の25件

 2020年4月の「宿泊業」倒産は25件で、前年同月2件(前年同月比850.0%増)から急増した。このうち、「新型コロナウイルス」関連倒産は15件に達し、6割(構成比60.0%)を占めた。  2011年3月の東日本大震災では、一般旅行客の自粛などで宿泊業の倒産は3月11件→4月14件→ 5月29件と、じわりと増加した。その後、政府の観光施策の強化やインバンド需要の下支えで倒産は低水準で推移してきた。  「新型コロナウイルス」の感染拡大は、インバウンド需要の急激な落ち込みだけでなく、外出の自粛要請も重なり、宿泊客のキャンセルが短期間に相次いだ。このため、宿泊業の倒産は、2月5件→3月6件→4月25件と急増。4月は2011年5月の29件に次ぐ、月間で過去2番目を記録した。  2020年は東京オリンピック開催などで、宿泊業は外国人観光客のインバウンド需要の追い風が期待されたが、新型コロナ感染拡大で東京オリンピックの1年延期が決定し、先行投資の負担と業績悪化の狭間で事業継続の岐路に立たされる宿泊業者が急増している。 ◇件数は過去2番目の25件発生  2020年4月の「宿泊業」倒産は25件だった。前年同月2件から23件増(前年同月比1150.0%増)と急増した。  宿泊業の月間倒産が20件台に乗せたのは、月間で過去最多の2011年5月(29件)以来、8年11カ月ぶり。このため、年間でも2013年以来、7年ぶりに100件台に達する可能性が出てきた。  負債総額は179億8500万円(前年同月比404.0%増)と、急増した。負債10億円以上の大型倒産が5件、同5億円以上・10億円未満も6件発生し、中堅規模の倒産が負債を押し上げた。  主な倒産事例では、新型コロナ感染拡大の影響を受けたホテル利用客が落ち込んだ(株)ロイヤルオークリゾート(TSR企業コード:642012660、滋賀県)が、負債50億円を抱え、4月28日に大津地裁に破産を申請した。