Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

4月の沖縄、外国人観光客が初のゼロ 国内客は90%減の7万人 入域集計

配信

琉球新報

 沖縄県文化観光スポーツ部は26日、4月の入域観光客数が前年同月比90・9%(77万4100人)減の7万7300人だったと発表した。  1カ月の観光客が7万人台となるのは1977年9月以来の水準で、前年同月に比べて9割の落ち込みは過去最大の減少幅となった。人数は全て国内客で、外国客は復帰後初めてゼロとなった。  4月は新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が発令され、玉城デニー知事が沖縄への来県自粛を呼び掛けるなどしたため、県をまたいだ人の移動がほとんど停止した。3月の入域客数は39万6300人だったが、さらに減少した。  方面別に見ると、東京方面が前年4月と比べて87・2%減の3万5700人、関西方面が同87・2%減の1万5900人だった。海外はクルーズ船と航空路線がともに止まっており、再開の見通しは立っていない。  5月も渡航自粛要請が続いていることや航空路線の減便数が4月より多いことから、厳しい状況が続く。県文化観光スポーツ部の渡久地一浩部長は「重く受け止めている。県内旅行の支援策を準備し、国のキャンペーンと合わせて取り組んでいく」と話した。

琉球新報社

【関連記事】