Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ関連の経営破たん、全国で200件を突破 東京商工リサーチ

配信

レスポンス

東京商工リサーチは、6月3日正午現在、新型コロナ関連の経営破たんが全国で200件を突破したと発表した。 新型コロナ関連の経営破たんは、2月2件、3月23件で、4月に入り84件に急増した。5月も83件発生し、6月は3日正午までに12件が判明。全国で204件(倒産149件、弁護士一任・準備中55件)に達した。 都道府県別では、福井、和歌山、鳥取、高知、長崎を除く42都道府県で発生。件数は、東京都が45件(倒産40件、準備中5件)で、突出している。以下、大阪府18件(同12件、同6件)、北海道16件(同14件、同2件)、静岡県11件、兵庫県10件の順。 業種別では、インバウンド需要の消失、国内旅行・出張の自粛でキャンセルが相次いだ宿泊業が34件(同26件、同8件)、外出自粛で来店客減少や臨時休業、時短営業に追い込まれた飲食業が32件(同20件、同12件)と、この2業種の件数が拮抗。百貨店や小売店の臨時休業が影響したアパレル関連が24件(同18件、同6件)で、個人消費の関連業種が上位に並ぶ。休校やイベント休止などの影響を受けた食品製造業も16件発生した。 経営破たんのうち、倒産した149件では破産が121件(構成比81.2%)を占め、事業継続を断念した企業が圧倒的に多い。一方、再建型の民事再生法は18件(同12.0%)にとどまった。上場会社は、東証1部のレナウン(民事再生、負債138億7900万円)の1件のみ。経営破たんした企業は、もともと人手不足や消費増税、暖冬の影響で資金繰りが厳しくなっていたところに、新型コロナによる急激な業績悪化で、行き詰まったケースが多い。 従業員数が判明する197件では、5人未満が59件(構成比29.9%)、5人以上10人未満が41件(同20.8%)で、10人未満の小・零細規模が100件(同50.7%)と半数を占めた。従業員数合計は7702人で、パート・アルバイトなどの従業員まで含むと、雇用喪失はこの数倍に及ぶとみられる。全国に広がる新型コロナ関連の経営破たんの増加は、地方の雇用悪化に拍車をかける可能性も出てきた。 負債額が判明する186件のうち、負債1億円以上2億円未満が34件(同18.2%)で最多。次いで、2億円以上3億円未満が32件(同17.2%)、10億円以上が30件(同16.1%)。1億円未満は47件(同25.2%)だった。

レスポンス 纐纈敏也@DAYS

【関連記事】