Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“コロナうつ”に効果大!不安が消える「ぬいぐるみカウンセリング」がスゴイ

配信

週刊女性PRIME

 不安でこの先どうしたらいいかわからない、自分はダメな人間かも……と、思い悩んでいませんか? でも、答えは自分が意外とわかっているもの。誰かに相談しなくても、自分で自分をカウンセリングすることができるんです! 不安が解消され、心が穏やかになりますよ。 【画像】ストレスやうつ症状に効果が期待できる『百会』のツボ、場所と押し方

自分の本心を引き出す

 新型コロナウイルス拡大の影響で、心の不調に悩む人が増えている。コロナうつや社会不安がのしかかったためだ。 「コロナが原因というより、コロナをきっかけに、もともとあった不安が大きくなって問題が表面化した人が多い印象です。例えば、今までパートナーに感じていた『この人でよかった?』という迷いが増幅し、それが夫婦間の危機やコロナ離婚に発展してしまっています」  こう語るのは、心理療法士で音楽療法家の橋本翔太さん。不安が大きくなると人は誰かに相談したがるし、中にはスピリチュアルに頼る人も出てくる。橋本さんはこの点についても警鐘を鳴らした。 「誰かに相談して答えを求めがちな人には、『私は大したことがない人間で、あなたの言うことを聞いたほうがうまくいくと信じています』という無意識の気持ちが潜んでいます。『あの人のアドバイスがあれば私は大丈夫』と思ったままでいると、いつしか『私はダメな人間だ』という気持ちが強化されてしまう。自己肯定感の欠如につながってしまうのです」  不安が晴れないもうひとつの理由はエネルギーの向く方向。特に女性の場合、自分をさておいて別の誰かを意識し、尽くしながら生きていることが多い。「自分よりまず家族を優先」「姑の機嫌をうかがう」「ママ友の目が気になる」と、自分ではない誰かにエネルギーが向きがちだ。だから、悩みが袋小路に入ってしまう。 「それだけでなく、今はコロナについて気になる情報が外部にたくさんあるので、エネルギーを“自分自身”に戻すことが大事です」  そこで実践してほしいのが不安や悩みを自分で解決する「ぬいぐるみカウンセリング」。  詳しい流れは次のページを参照していただきたいが、まずはぬいぐるみを1体用意する。設定は「あなたが親友であるぬいぐるみの相談に乗る」というもので、このぬいぐるみは、あなたと全く同じ不安や悩みを抱えている。  ぬいぐるみを活用する理由は、自分を第三者として認識するため。顔があると擬人化しやすいし、また、見慣れたぬいぐるみだと親しみやすいため、親身にアドバイスしたくなってくるもの。椅子など、ぬいぐるみを座らせる場所を用意するのも重要だ。ぬいぐるみを抱いた状態だと、親友へのアドバイスというより子どもをあやすスイッチが入ってしまうのがその理由。

【関連記事】