Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

社会保険の扶養に入れる条件って? 扶養に入るメリットとデメリットは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

社会保険がカバーする範囲は非常に広く、医療や年金に介護といった生活に欠かすことのできない保障から、失業や労災などの雇用に関する分野まで及びます。 社会保険は生活を営む上で欠かすことのできない制度であることから、収入の少ない人でも過剰な負担なく加入できるよう、保険料負担が収入に応じて決められています。 また、社会保険は、扶養に入ることで保険料の負担なしで保障を受けることができる場合もあります。 今回は医療・年金・介護といった代表的な社会保険に着目し、扶養に入ることができる社会保険の種類、扶養に入るメリットとデメリットなどについて解説していきたいと思います。

社会保険って何?

社会保険は、主に医療保険、介護保険、年金保険、雇用保険、労災保険といった5つの保険で構成されており、医療や老後の生活費、失業・労災対策など、社会生活を営む上で最低限必要な保障や、失業・労災などで貧困に陥らないようにするための保障として機能しています。 民間の保険会社の提供する類似の保険と比べると保険料は安く、保障範囲が広いといった特徴があり、収入の少ない人でも最低限の保障を受けることができるといったメリットがあります。 特に医療・介護・年金の3つは終生にわたって保障を受けられる社会保険となっており、その仕組みを理解しておけば万が一の場合でも保障を受けることができるという安心感を得られたり、過剰な民間の保険会社の保険への加入を防ぐことができたりします。

社会保険の被扶養者って?

社会保険は、保障内容を勘案すれば比較的割安な保険料で保障を提供していますが、保険料負担は決して小さいものではありません。 そこで、生活に密接している医療保険や年金保険などは、収入に応じて保険料の免除や減額といった制度となっており、さらに「扶養」に入って保障を受ける制度が利用できる場合があります。 ・扶養に入れる社会保険は? 下表に代表的な社会保険における扶養制度の有無についてまとめてみました。このように、扶養制度は全ての社会保険にあるものではありません。 また、同じ医療分野の社会保険でも協会けんぽなどの健康保険では扶養制度を利用することができますが、国民健康保険では扶養の概念がありません。そこで扶養の範囲内で働こうと考えている場合は、扶養者が加入している社会保険を確認することが重要です。 表1.主な社会保険制度における扶養制度の有無

【関連記事】