Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人は落合、中日は立浪……。初の最終戦同率優勝決定試合“10.8”の代償/プロ野球20世紀・不屈の物語【1994年】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。

シーズン最終戦という要素

 80年を超える長いプロ野球の歴史に名勝負は数あれど、その試合の日付で語り継がれるゲームは少ない。ひと言で表現するだけでは物足りないほど、さまざまな物語が凝縮された名勝負は、ひとまず日付で言い表されて、そのまま定着していくものなのかもしれない。そんなゲームの最たるもののひとつが、ちょうど26年前の今日、1994年の“10.8”だ。これに並び立つものが88年の“10.19”で、この試合については、この連載でも最初のほうで紹介している。その悲劇性も魅力になっている“10.19”の一方で、“10.8”の印象は明るい。  セ・リーグ最終戦で、同率で首位に並んだ巨人と中日。もちろん、勝ったほうが優勝だ。巨人の長嶋茂雄監督は、この試合を「国民的行事」と表現。テレビ中継の黄金時代は過去のものになっていたが、視聴率48.8パーセントは歴代でも最高の数字を叩き出した。巨人は、ふだんのペナントレースでは見られない槙原寛己から斎藤雅樹、そして桑田真澄へとバトンをつないだ“先発三本柱”の豪華リレーで試合を大いに盛り上げ、6対3で快勝。胴上げされた長嶋監督は第2期の初優勝で、「竜にまたがり天にも昇る気持ちです」と笑顔を弾ませた。  ただ、“三本柱”の継投など、優勝を決める試合ということもさることながら、ペナントレースで次の試合がないからこそのものでもあっただろう。巨人も中日も、この試合に総力戦で臨み、両軍ナインも全力を出し切ればいい。試合を終えて、翌日のための体力を残しておく必要はないのだ。これは、いつもなら疲労や故障などのリスクマネジメントも含めた100パーセントの力で戦っている選手たちが、120パーセントの力を出せる環境ということでもあるだろう。実際、そんな男たちの躍動があったからこそ、ファンの脳裏に刻み込まれる名勝負が成立した。だが、見方を変えれば、リスクという“悪魔”にとっては、選手たちに忍び寄るスキの多い最高の環境だったのかもしれない。  94年10月8日、中日が本拠地のナゴヤ球場に巨人を迎え撃った最終戦。試合は2回表、巨人の先頭打者で四番の落合博満が右翼へソロを放って先制する。さらに巨人は1点を加えたが、その裏には中日も先発の槙原をとらえて4連打で同点に追いついた。巨人も続く3回表、落合の適時打で1点を加えて、中日を突き放しにかかる。だが、その裏。FAで中日から移籍してきて1年目、「長嶋監督を胴上げするために来た」と語っていた落合を“悪魔”が襲う。  守備で左足の内転筋を痛めた落合は、テーピングを巻いてグラウンドに戻って4回裏を終えたが、「迷惑をかけると思って自分からダメと言った」(落合)と退いた。打撃に期待が集める落合が見せた守備での渾身のプレーは、巨人ナインを奮い立たせる。巨人は4回表に一死から捕手の村田真一、二死から助っ人コトーがソロ、5回表には先頭で三番打者として先発していたプロ2年目の松井秀喜にもソロが飛び出して、リードを4点差に広げた。

【関連記事】