Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ危機の今こそ考える!「税を払う」深い訳

配信

東洋経済オンライン

新型コロナウイルスの襲来という未曾有の災禍に見舞われている今、危機で困窮する人々に手を差し伸べるにはどうすればよいのか。 近著『人はなぜ税を払うのか:超借金政府の命運』を上梓した浜矩子氏が、私たちが税を払う意味について説く。 この記事の写真を見る ■税金は断じて会費ではない  私の近著『人はなぜ税を払うのか』は、常々、自分に問いかけていたテーマだ。それを、そのまま本のタイトルにした次第である。  税金については、それが「国という会員制クラブに入るための会費」だとか「国の施設やサービスを利用するための料金」だというような捉え方が根強い。

 この種の理解に立つと、「会費を払わないものは国というクラブの会員ではありえない」とか「自分は国の施設もサービスも利用していないのだから、税金など払わない」というような奇妙な考え方が正当化されてしまう。  驚くべきことに、徴税責任の担い手である財務省のウェブサイトをみると、そこには「まさに税は『社会の会費』であると言えます」と書かれている。これを発見したとき、私は正直なところあぜんとした。  これは大きな間違いである。会員制のクラブでは、会費を払うことが会員であるための必須条件になる。たとえ昨年分の会費までは払っていたとしても、今年の会費が未納だったらもう会員ではない。

 「会費未納につき、当クラブをご利用になることはできません」と門前払いを食らうことになってしまう。会費を払わなければ会員ではなく、会員でなければクラブの建物に入ることさえできないのだ。  では、税金を払えない人はどうか。もし日本国が会費制クラブであり、税金がそれに所属するための会費なのであれば、税金を払えない人々は会員ではないということになる。会員でなければ、日本国が提供するサービスを享受することはできない。そもそも物理的な入場自体が認められないわけであるから、日本国という場所から立ち去らなければいけないことになってしまう理屈だ。

【関連記事】