Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューオータニで秋の風物詩「スーパーモンブラン」 昨年は累計販売個数2万個超え

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 和栗を使ったモンブランの販売を9月1日、ホテルニューオータニ(千代田区紀尾井町4、TEL 03-3265-1111)のペストリーショップ「パティスリーSATSUKI」が始めた。(赤坂経済新聞) 【写真】マロンペーストにも「ひんぎゃの塩」をアクセントに使った「スーパーモンブラン」の断面  例年、期間限定で販売する「スーパーモンブラン」(3,300円、税別)は、同ホテルグランシェフの中島眞介さんが和栗本来の味わいを楽しんでほしいと考案したもの。2004(平成16)年の発売以降、毎年新しい素材を取り入れ進化させている。昨年は東京・大阪・幕張のニューオータニで累計販売個数が2万個を超え、同ホテルだけでも約1万個を販売したという。  今年はベースとなるクッキー生地の上に和三盆糖を使ったキャラメルソース、青ヶ島産「ひんぎゃの塩」、黒蜜あんこ、くず餅「船橋屋」の「くず餅乳酸菌」を入れた抹茶豆乳葛(くず)、アーモンドミルクで包み込んだ熊本県産和栗の甘露煮を重ねる。その上を覆うマロンペーストは、銀寄、利平、人丸などの和栗から一番の食べ頃を迎えたものを使い、生クリームの量を最小限に抑え、和栗の濃厚な味わいを最大限に引き出す工夫を施しているという。  同ホテル広報担当の小布施萌さんは「当ホテルの秋の風物詩でもある『スーパーモンブラン』。今年も『抹茶豆乳葛』などの新素材が加わり進化した。和栗のおいしさが凝縮された秋の味覚をぜひご堪能いただきたい」と話す。  営業時間は11時~19時。2021年1月31日までの予定。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】