Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

羽生善治九段 対 斎藤慎太郎八段 戦型は横歩取りに/将棋・順位戦A級

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の順位戦A級4回戦が10月1日に行われ、羽生善治九段(50)と斎藤慎太郎八段(27)が現在対局中だ。今期の成績は羽生九段が1勝2敗、斎藤八段が3勝0敗。50歳を迎えた羽生九段が、A級残留さらには名人挑戦に向けて、好調の斎藤八段とどう戦うか。 【動画】羽生九段が竜王挑戦を決めた一局  羽生九段は、1993年度からA級に参加。以降、28期連続でA級以上を維持し、名人も9期獲得、永世名人の資格も得た。ただ、今期は開幕局こそ制したものの、そこから2連敗。名人挑戦に向けて、これ以上負けは増やせず、29期連続のA級を目指す上でも負けられない。9月27日に50歳を迎えたが、竜王戦の挑戦権を獲得、9月22日には4連敗中だった藤井聡太二冠(18)からも初勝利を挙げるなど健在ぶりを見せている。  斎藤八段は、今期がA級初挑戦。タイトル経験者が多数いる中で、開幕から3連勝と絶好のスタートを切った。全員が3回戦を終えた状況で、全勝は斎藤八段ただ一人。星のつぶし合いも起きてくる中で、本局も勝利するようであれば挑戦権争いでは頭一つ抜けた存在になる。  両者の対戦は過去に6回あり、羽生九段の5勝1敗。棋聖戦五番勝負でも戦ったことがある。本局の持ち時間は各6時間で、先手は斎藤八段。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。 【昼食の注文】 羽生善治九段 親子なんばそば 斎藤慎太郎八段 プレミアム和牛ハンバーグステーキ 【昼食休憩時の残り持ち時間】 羽生善治九段 5時間2分(消費58分) 斎藤慎太郎八段 5時間15分(消費45分)

【関連記事】