Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

まるで熊に立ち向かう小型犬!? オラオラ系コンパクトカー5選

配信

くるまのニュース

コンパクトなボディながらイカつい顔のクルマとは!?

 クルマのデザインには流行があり、大ヒットしたモデルに見た目を寄せるというのは、昔からおこなわれてきました。 【画像】コンパクトカーだってオラオラしたい!? イカつい小型車を見る(18枚)

 近年はミニバンや大型セダンが押し出し感の強い、いわゆる「オラオラ顔」を採用すると、各社が追従しています。  オラオラ顔の特徴としては、吊り上がった精悍なヘッドライトに大きめのサイズにメッキで加飾したグリルというのが定番で、次第に小型車や軽自動車にも波及しはじめました。  そこで、イカついフロントフェイスのコンパクトカーを5車種ピックアップして紹介します。

●三菱「ミラージュ」

 1978年に発売されたコンパクトカーの三菱初代「ミラージュ」は、同社初のFF乗用車で、室内空間の広さと欧州テイストのスタイリッシュな外観デザインで大ヒットを記録します。  1982年には他社に先駆けて、1.4リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載した「ミラージュIIターボ」が登場。これをきっかけにコンパクトカーのパワー競争が勃発することになります。  その後、ミラージュはスポーティグレードを設定するのが定番となり代を重ね、1995年から2000年に販売していた5代目をもって系譜が途絶えてしまいます。  そして2012年に、新興国向けのエントリーモデルをコンセプトとした6代目が登場したことで復活を遂げました。  6代目はタイで生産されて日本を含む世界各国に輸出されているモデルで、当初は100万円を切る価格が話題となります。  2020年4月にビッグマイナーチェンジがおこなわれ、フロントフェイスを一新。三菱のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用したことで、一気にオラオラ感のあるフロントフェイスに変貌しました。  また、このマイナーチェンジを機に衝突被害軽減ブレーキに代表される先進安全技術がアップデートされたことで、これまでの販売不振の巻き返しが期待されます。  ミラージュは2グレードの展開で、価格(消費税込、以下同様)は「M」が143万2200円、「G」が156万9700円です。

【関連記事】