Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゆうこすも「狂ってる」と太鼓判。“工場のシール貼り”だったももちが、SNSで成功をつかむまで

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

新R25では、これまで多くの著名人に取材してきました。 しかし一方で、「まだそこまで知られていない逸材」が、どこかにいるのではないか?という思いも常にあります。 そこで、さまざまなインフルエンサーに、“自分のまわりで、面白いと思う人”を推薦してもらうことに。 今回はどんな逸材が登場するのでしょうか? 圧倒的な自己プロデュース力の高さから、20代女性を中心にカリスマ的人気を誇るゆうこす(菅本裕子)さん。じつはSNSを軸としたサービスの運営や商品の企画開発を行う株式会社KOSを設立した経営者でもあります。 そんなゆうこすさんが今回推薦してくれたのが…KOS所属のインフルエンサーとして活動する、“ももち”こと牛江桃子さん。 ももちさんは、活動開始から約2年で総フォロー数40万人を超えるファッション特化型のインフルエンサーへと成長し、紹介した商品が即完売になる“ももち現象”を巻き起こすほどの人気とのこと。 “インフルエンサー”が星の数ほどいるなか、ももちさんはいったい何がすごいのか…? ゆうこすさん直々にインタビュアーを務めていただき、ももちさんの魅力を引き出してもらいました。

ゆうこすのオーディションに応募してきたももち「狂ってんなと思った」

ゆうこすさん: 「逸メン」企画、堀江(貴文)さんの記事すごいバズってたけど、じつは私たちの出会いも堀江さんきっかけといっても過言ではないんだよね… ももちさん: え、そうなんですか? ゆうこすさん: 3、4年前…講演会で自分なりの“インフルエンサーになるノウハウ”を伝えても、「それってゆうこすだからできるんでしょ?」「再現性がない」みたいなことを言われるようになって。 そんなとき、堀江さんに「お前はゆうこすを100人作れ」と言われて。そのひと押しでオーディション「やりたい事をやって生きたいの」(2018年)を開催したんだよね。 ももちさん: そういう流れだったんだ… ゆうこすさん: 書類選考に応募してくれた4000人のうちの1人がももちだったんだけど…まあ「狂ってんな」と思いましたよね。 アピール文が長文すぎて。 ももちさん: 我ながらやりすぎかなとは思ったんですけど… 「まずはゆうこすさんの“脳”に私を残してもらわなきゃ、なんもならん」と思って… ゆうこすさん: 脳って(笑)。 でもまんまとどんな子か気になっちゃって、2次審査に通してみたら… 今度は400人のなかで一人だけ、企業向けの仕事でも通用しそうなガチのプレゼン資料を作ってきたよね。 オーディションにプレゼン資料って、まあいないですよ。 「一人だけ営業の人迷い込んだ?」みたいな感じで、1次審査とはべつの意味で狂ってんなと思った(笑)。

【関連記事】

最終更新:
新R25