Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『カネ恋』初回放送で三浦春馬さんしのぶ声広がる「笑顔が見られて幸せ」<おカネの切れ目が恋のはじまり>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

俳優の三浦春馬さんが出演するドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第1話が9月15日に放送された。訃報から間もなく2か月。ドラマの中で終始さわやかな笑顔を見せる三浦さんに、ファンからの思いのこもった言葉が上がり、平均世帯視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の2ケタ発進。Twitterでは「#カネ恋」が世界トレンドトップ3圏内に浮上した。(以下、ネタバレあり) 【写真を見る】遠くから振り向き、微笑みかける慶太(三浦春馬)の笑顔 ■ 笑顔あふれる初回に「ただただ幸せ」 本作は、2019年7月期金曜ドラマ「凪のお暇」の脚本を手掛けた大島里美による完全オリジナルラブコメディー。 モノにも恋にも一途な“清貧女子”・九鬼玲子(松岡茉優)と、欲しいものには一直線の“浪費男子”・猿渡慶太(三浦春馬)が出会い、“おカネ修行”を通して心を通わせていく。 第1話では、父で社長の富彦(草刈正雄)に浪費ぶりを激怒されマンションを追い出された慶太が、玲子の実家が営む民宿に居候を始める展開が描かれた。経理部の玲子は、さらに職場でも慶太の“教育係”として行動を共にすることになる。 “放蕩(ほうとう)息子の成長物語”という側面も持つ本作。初回は三浦さん演じる慶太の屈託ない笑顔が画面にあふれ、ファンからは「どんな気持ちで見ればいいんだろうと思っていたけど、ドラマ面白かった!春馬くんの笑顔に引き込まれた」「春馬くんの笑顔が見られて、ただただ幸せ。放送してくれたTBSさん、本当にありがとう」といった声があふれた。 ■ “ささやかな暮らし”の清々しさを丁寧に描く “お金の使い方”をテーマに据えた「おカネの切れ目が恋の始まり」。 第1話では、130円のお菓子ひとつと持参のほうじ茶で一週間の疲れを癒し、千数百円の豆皿を買うのに一年も思いを募らせる玲子の“清貧”ぶりが、丁寧に描かれた。 ほかにも、冒頭に「方丈記」の冒頭の一節が登場したり、古いものを直して大切に使う伝統技法“金継ぎ”が印象的に取り入れられたり…目まぐるしく、刺激に満ちた現代に生きる中で忘れがちな“心のゆたかさ”が散りばめられている。舞台となる鎌倉の町並みや、大きな決断の前に部屋を清める玲子の心のありようも美しい。 対して、玲子の前に現れるキャラクターは浪費男子のほか、自分に投資しすぎ女子、ドケチ節約男子など、金銭感覚が極端で“ほころび”だらけ。そんなキャラクターたちが、傷つき、傷つけられながらも成長していくさまが描かれていく。清貧をモットーに生きる玲子でさえ、あこがれの人には惜しまず貢ぐ一面を持っている。 印象的なセリフも多い。金継ぎを見た慶太が「新しいの買っちゃったほうが早くない?」と問いかけたシーン。玲子は「新しいものと出会う楽しさもあるけど、使い続ける喜びもあると思うんです。モノって、繕うほどに愛着がわくものだと思うから」とその“心”を語る。また、経理部の玲子は、板垣(北村匠海)の丁寧な領収書の処理を、あえて一日の最後にまわす、と話す。それは「清くて、美しくて、癒やされるから」。 より刺激的なモノに流れがちな現代人だからこそ、古くても思いの詰まったもの、地味で目立たないけれどきちんとしたものに目を向ける心のゆとりを持ちたい、そんな思いを抱かせてくれる作品だ。“お金”というテーマは、その心を伝えるためのわかりやすい事象のひとつ、ということなのだろう。 「凪のお暇」でも“ささやかで丁寧な暮らし”の清々しさを描いた大島脚本が、それぞれに“ほころび”を持つキャラクターたちをどう成長させていくのかにも注目していきたい。(文=ザテレビジョンドラマ部) (ザテレビジョン)

【関連記事】